Proj
J-GLOBAL ID:200904018602103043  Research Project code:298 Update date:Oct. 07, 2013

金属表面と分子との化学結合を観る

表面吸着分子の電子励起状態の研究
Study period:1995 - 1998
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
分子が表面に吸着すると、吸着結合に由来する新たな占有準位と非占有準位がフェルミ準位(EF)近傍に形成される。これら吸着由来の準位は表面での化学反応に重要な役割を果たすが、通常の測定法では観測が容易ではなく、実験的情報が不足している。ここでは、レーザーを光源とした2光子光電子分光法で吸着由来の結合・反結合軌道を観測し、吸着の微視的機構を解明する。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page