Proj
J-GLOBAL ID:200904022045811312  Research Project code:1625 Update date:Oct. 07, 2013

ウイルス感染における糖鎖機能の解明と創薬への応用

Study period:2002 - 2007
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
変異しやすいウイルスの新興・再興、高齢化社会におけるウイルス感染症の拡大、地球温暖化による熱帯ウイルス感染症の拡大は、今世紀の重要問題です。本研究では、「糖鎖ウイルス学」の観点から、糖鎖機能によるウイルス感染症の克服研究を遂行します。ウイルス感染過程における糖鎖の役割を解明し、創薬へと結びつけます。インフルエンザウイルス、HIV、デング、パラインフルエンザウイルス等の重要ウイルスを研究対象とします。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (2):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page