Proj
J-GLOBAL ID:200904032017762123  Research Project code:368 Update date:Oct. 07, 2013

筋ジストロフィーをおこす分子メカニズム

サルコグリカン複合体の発現制御とノックアウトマウス
Study period:1996 - 1999
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
進行性筋ジストロフィーは原因遺伝子が同定されているが、発症機構に関しては未知である。本研究ではサルコグリカンを原因遺伝子とする常染色体劣性型筋ジストロフィーについて、原因蛋白質の機能解析と発症メカニズムの解明を狙いとした。本研究では、サルコグリカン遺伝子破壊によるモデルマウス作成とその病態解析、原因蛋白質複合体の発現制御と分子会合に関する解析を行った。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page