Proj
J-GLOBAL ID:200904054354805911  Research Project code:1290 Update date:Oct. 07, 2013

視覚認識の脳内過程

Study period:1995 - 2000
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
霊長類の側頭葉視覚連合野(IT野)における視覚情報処理の新たな側面を明らかにした。IT野とその前段V4野で両眼視差が処理されていること、物体面構造の脳内復元がIT野にいたる経路でなされていること、IT野細胞の2次元特徴刺激選択性の形成にGABAを介する抑制機構が関与すること、IT野とV1野がそれぞれ特徴的な解剖学的構造とシナプス可塑性を有すること、IT野の前半部と後半部のそれぞれが、図形の部分と全体の知覚に強く関わっていることなどを示し、視覚認識の脳内過程に関する理解を進めた。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (4):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page