Proj
J-GLOBAL ID:200904055848105854  Research Project code:2317 Update date:Oct. 07, 2013

相変態を利用したバルク熱電材料のナノ構造化

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
熱電変換技術は、従来捨てられていた熱の電気としての有効利用を可能にします。そのための材料には高い電気伝導性と低い熱伝導性という一見相矛盾した性質が求められます。本研究では、自己組織化作用を利用した熱電材料のナノ構造化により、高い材料性能を引き出すことを目指します。熱電変換技術の広汎な活用に向け、材料の高い性能と手間のかからない製造プロセスを実現します。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page