Proj
J-GLOBAL ID:200904058926718352  Research Project code:2510 Update date:Oct. 07, 2013

iPS細胞と生命機能

iPS細胞と生命機能
Study period:2008 - 2013
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
本研究領域は、日本発となるiPS細胞を樹立する技術によって大きなブレークスルーがもたらされると考えられる分野、すなわち、細胞のリプログラミング、分化転換、幹細胞生物学などを対象とします。 これまでにはない自由で創意に満ちた発想による基礎研究とともに、医療などに将来貢献できる基礎研究も対象とします。 具体的には、 1)リプログラム機構の分子レベルでの解析に基づくリプログラミング技術の高度化・簡便化、 2)幹細胞分化転換過程の解析と人的調節、 3)iPS細胞を用いたエピジェネティック過程の分子機構解析、 4)iPS細胞を駆使する疾患発症機構の解析、 5)ヒト疾患モデルの構築などの研究が含まれます。 これら研究の成果は、疾患の原因の解明や新治療薬の開発に寄与するとともに、 倫理的問題や拒絶反応のない細胞移植療法の実現に向けて貢献できるものと信じています。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):
Branch Research Project  (30):

Return to Previous Page