Proj
J-GLOBAL ID:200904069168483324  Research Project code:2239 Update date:Oct. 07, 2013

視覚系をモデルとした、情報処理の基盤をなす神経回路の解析

Study period:2008 - 2011
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
本研究では、遺伝子改変マウスと電気生理学的手法を組み合わせた実験を行い、大脳皮質でみられる情報処理がどのような神経回路により行なわれているかを明らかにします。また、固有の感覚入力を失った感覚野が、ほかの感覚の情報処理に参加し、失われた感覚機能を代償することが知られていますが、効率よく機能を回復する方法とその仕組みを調べます。以上の解析による成果はBMIや神経リハビリテーション法の開発への応用が期待されます。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page