Proj
J-GLOBAL ID:200904069225975352  Research Project code:2680 Update date:Oct. 07, 2013

電子波の位相と振幅の微細空間解像手法の応用展開

Study period:2000 - 2003
Organization (2):
Investigating Researcher (2):
Research overview:
これまでの研究で、1MV干渉型電子顕微鏡と、極低温・超高真空・強磁場中で測定可能な原子位置指定トンネル分光装置を開発した。1MV干渉型電子顕微鏡では分解能の世界記録を樹立した。本事業ではこれら2装置の最高性能をさらに追求し、高温超伝導体の課題として残る臨界電流を高める基本指針を微視的立場から探求する。そのためのアプローチとして、高温超伝導のピン止めのミクロ機構を解明し学問的体系化などを試みる。出身事業:戦略的基礎研究推進事業(旧CREST) 「極限環境状態における現象」
Research program: 戦略的創造研究推進事業 発展研究
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page