Proj
J-GLOBAL ID:200904069244776107  Research Project code:1295 Update date:Oct. 07, 2013

脳神経系を構成する細胞の多様性の形成機構

Study period:1995 - 2000
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
進化の過程で保存された神経発生のしくみを明らかにするため、ショウジョウバエ・線虫・マウスなど複数のモデル生物系の利点を生かして研究を行った。神経発生に異常を示すショウジョウバエ変異体のスクリーニングの結果、EGF受容体のアンタゴニストとして機能するArgosやRNA結合蛋白質Musashiなど神経系細胞の運命決定に関与する新規な分子を同定した。Musashiはあらゆる脊椎動物にも存在し、神経幹細胞に選択的に発現することを見出した。このMusashiの抗体を用いて、成人脳内に神経幹細胞が存在することを明らかにした。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (4):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page