Proj
J-GLOBAL ID:200904071573626013  Research Project code:1623 Update date:Oct. 07, 2013

感染と共生を制御する糖鎖医薬品の基盤研究

Study period:2002 - 2007
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
ウイルスや病原性細菌の感染および細菌毒素の侵入は、多くの場合、宿主細胞が持つ糖鎖への付着により開始されます。また有用な腸内細菌が体内に止まるための足場も糖鎖複合体です。本研究では、これら糖鎖を介した相互作用の制御を目的として、化学合成法と酵素合成法を駆使することにより、天然型や非天然型の様々な糖鎖複合体を創製します。さらに感染症の抑制あるいは有益な共生の促進効果を持つ糖鎖医薬品の開発を目指します。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (2):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page