Proj
J-GLOBAL ID:200904076765852884  Research Project code:947 Update date:Oct. 07, 2013

光応答型インテリジェント核酸を用いた遺伝子操作法の開発

光応答型インテリジェント核酸を用いた遺伝子操作法の開発
Study period:2002 - 2005
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
本研究は、遺伝子操作の「脱酵素化」に取り組み、光応答型遺伝子操作という新しい方法論の開発を行うものです。現代の遺伝子工学は酵素を用いた遺伝子操作に基づくものですが、生体内細胞中での操作、マイクロマシン上での操作には限界があるとされてきました。光応答型遺伝子操作法はこれらの問題を解決し、細胞内での遺伝子治療、マイクロチップ上での遺伝子診断、バイオコンピューティング等へ展開することが期待されます。
Research program: ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page