Proj
J-GLOBAL ID:200904081569967049  Research Project code:1506 Update date:Oct. 07, 2013

器官形成における細胞遊走の役割及びそのシグナリングと再生への応用

Study period:2000 - 2005
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
シグナルで制御された方向性を持つ細胞遊走は発生や器官形成に必須です。WASPファミリー蛋白質が細胞外刺激によって活性化され、細胞遊走に必要なダイナミックで極性を持った細胞骨格再編を引き起こし、糸状仮足や葉状仮足を促進することを示しました。またN-WASP活性化による筋肉再生への手がかりを明らかにしました。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (2):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page