Proj
J-GLOBAL ID:200904081628745420  Research Project code:359 Update date:Oct. 07, 2013

Wnt/Winglessシグナル伝達経路の新たなコンポーネントの同定

サイクリン依存性プロテインキナーゼの基質のクローニングとその機能解析
Study period:1995 - 1998
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
Wnt/Wingless(Wg)蛋白質は初期発生や形態形成過程で生じる細胞間相互作用を仲介する分泌性の蛋白質であり、ショウジョウバエからヒトにいたるまで、種を超えて保存されている。最近の報告から、このWnt/Wg蛋白質による細胞間シグナルの異常な活性化が、種々の癌の発癌過程において重要な役割を担っていることが明らかになってきた。本研究では、Wnt/Wg蛋白質を介するシグナル伝達系における新たなコンポーネントを同定し、その機能解析を通じて、発生および癌化におけるこのシグナル伝達系の役割についての理解を深めることを目的とした。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page