Proj
J-GLOBAL ID:200904083416127133  Research Project code:1244 Update date:Oct. 07, 2013

内分泌かく乱物質の生体毒発現の分子メカニズムとモニター系の開発

Study period:1998 - 2003
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
AhRがTCDDなどの外来異物によって活性化され、Arntとヘテロ2量体を形成して標的遺伝子を活性化するメカニズムを明らかにした。また、AhRの欠失マウスを作製してTCDDなどの示す催奇形性や発癌性にAhRが関わっていることを示した。さらに、AhR欠失雌マウスは不妊となり,AhRが生殖リサイクルに関与していることを示した。リガンドの結合によって活性化されたAhRがArntとヘテロ2量体を形成して、E2の結合していないER α及びERβに結合してE2標的遺伝子の発現を活性化するメカニズムを明らかにした。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (4):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page