Proj
J-GLOBAL ID:200904086875273141  Research Project code:2398 Update date:Oct. 07, 2013

固液界面反応のアトムプロセスの解明とその応用

Study period:2002 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
「新しい物理現象や動作原理に基づくナノデバイス・システムの創製」には、もはや化学の知識が無くては進めることはできません。本研究では、電気化学的な知識を用い、固液界面における原子や分子系の自発的な自己組織化に基づくナノ構造体の形成及び高次組織化法の確立を目指します。本研究の結果を基に、新しいナノLSIプロセスや有機エレクトロニクス素子(分子エレクトロニクス素子)の開発が急速に進められ、新たなデバイス工学の実体ある発展を促すと期待されます。
Research program: ナノテクノロジー分野別バーチャルラボ
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (2):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page