Proj
J-GLOBAL ID:200904087535575964  Research Project code:1452 Update date:Oct. 07, 2013

個体老化の分子機構の解明

Study period:1995 - 2000
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
多彩な老化症状を呈するKlothoマウス系統を樹立した。原因遺伝子;Klothoは腎尿細管、副甲状腺、脈絡膜で発現するb-glucosidasefamilyのメンバーであった。Klotho蛋白はER-ゴルジ体、細胞膜上、血清中に存在し、動物個体のカルシウムホメオスタシスを含む恒常性の維持機能を制御する重要な分子である。ヒトKlothoの解析により老化関連疾患との連鎖が推定される7ヵ所のSNP’sが同定され、ヒト老化疾患におけるKlothoの意義が推定されている。Klotho蛋白の機能解明、b-klothoの機能解析、並びにKlothoの臨床応用の可能性を追求している。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (4):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page