Proj
J-GLOBAL ID:200904088673669895  Research Project code:1298 Update date:Oct. 07, 2013

神経ネットワーク形成の遺伝子プログラム

Study period:1996 - 2001
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
発生過程における脳・神経系における領域特異化は、引き続いて起こる領域特異的神経投射(topographic projection)の基盤である。我々は網膜において領域特異化に関わる分子を大規模にスクリーニングし、topographicな発現を示す分子を前後軸方向に33分子、背腹軸方向に20分子同定した。これらの分子は分泌因子、転写調節因子、受容体分子、酵素、細胞内シグナル伝達分子、細胞骨格関連分子等に分類された。我々は、いくつかの新規分子についてその機能を解明するとともに、関係する分子間の相互関係を明らかにした:レチノイン酸合成酵素、新規のBMP-4中和因子、転写調節因子等。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (4):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page