Proj
J-GLOBAL ID:200904097066996940  Research Project code:1304 Update date:Oct. 07, 2013

G蛋白質共役受容体の高次構造

Study period:1997 - 2002
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
Gタンパク質共役受容体は、情動・睡眠・痛みなど遅い伝達系や、早い伝達系の制御など脳機能一般に関わります。各受容体に多数のサブタイプが存在し、多くの臨床薬の標的となっています。本研究では、ムスカリン性アセチルコリン受容体をモデルとして選び、大量に発現・精製して2次元及び3次元結晶を作成し、高次構造の決定をめざします。これによって、Gタンパク質共役受容体の特異的リガンドを理論的に推測する道を拓きます。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Reports  (4):
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page