Rchr
J-GLOBAL ID:201001001156494300   Update date: May. 18, 2020

Ono Hiroshi

オノ ヒロシ | Ono Hiroshi
Affiliation and department:
Research field  (1): Legal theory and history
Research keywords  (1): 近代法史
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2020 - 2024 満洲国司法官の経歴に関する研究ー司法部法学校及び新京法政大学出身者を中心にー
  • 2018 - 2021 人口減少時代における東アジア4法域(日韓台中)の土地収用制度の比較研究
  • 2016 - 2020 Comprehensive study of history of leagal Influence between Japan and Germany and formation of modern Japanese Law
  • 2018 - 2019 周布公平の有価証券法統一論-ジュネーヴ統一法受容前史-
  • 2016 - 2019 南洋群島の法と司法に関する実証的基盤研究-日本近代法史の再定位を目指して-
Show all
Papers (22):
  • 小野 博司. 行政裁判所における評定官人事(1890~1922)ー内務、農商務、大蔵三省からの評定官採用を中心にー. 法政策学の試み. 2020. 20. 81-111
  • 小野 博司. 日本統治期台湾の経済社会法に関する覚書. 法政策学の試み. 2019. 19. 51-76
  • 小野 博司. 海軍占領期南洋群島の法概論. 神戸法学雑誌. 2018. 68. 3. 37-101
  • 小野 博司. ある司法官の軌跡-刑法起草者・古賀廉造について-. 公益財団法人鍋島報效会研究助成研究報告書. 2018. 8. 167-186
  • 小野 博司. 香港軍政法序説-1942年制定香督令の紹介を中心に-. 神戸法学雑誌. 2017. 67. 1. 49-84
more...
MISC (7):
  • 小野 博司. 〔書評〕稲永祐介『憲政自治と中間団体』. 法制史研究. 2019. 68. 191-196
  • 小野 博司. 〔書評と紹介〕出口雄一『戦後法制改革と占領管理体制』. 日本歴史. 2018. 843. 106-108
  • 小野 博司. 〔書評〕内田貴『法学の誕生』. 公明新聞. 2018. 18219. 4-4
  • 小野 博司. 〔書評〕岡崎まゆみ「植民地期朝鮮の談合入札有罪判決に関する考察」. 法制史研究. 2018. 67. 395-398
  • 野田 有紀子, 山本 弘, 稲垣 知子, 小野 博司. 2011年学界回顧・日本法制史. 法律時報. 2011. 83. 13. 315-319
more...
Books (7):
  • 近現代東アジアの地域秩序と日本
    大阪大学出版会 2020
  • マグナ・カルタの800年
    関西学院大学出版会 2019
  • 資料で考える憲法
    法律文化社 2018
  • 概説日本法制史
    弘文堂 2018
  • 戦時体制と法学者 1931~1952
    国際書院 2016
more...
Lectures and oral presentations  (16):
  • The Discourse Surrounding Reform Without Constitutional Reform of the “Period of Constitutional Abnormality”
    (Germany and Japan in a State of Exception and in the Total War of the 20th Century. Comparison of Jurisprudences 2019)
  • Translating Law in Meiji Japan
    (Second Comparative Workshop on Legal transformations in 19th and early 20th Century Japan, China, and the Ottoman Empire 2019)
  • 明治国家による西洋法の継受と古賀廉造
    (レオン・ドロニーの時代と日欧間の知の交流ー漢籍、軍事・法制の制度知を中心に 2018)
  • 軍政法史研究の意義と課題
    (第31回ドイツ語圏日本史学会 2018)
  • 日本における近代法継受の過程と意義
    (ルーヴェン・カトリック大学小西講座 2018)
more...
Education (3):
  • 2004 - 2007 大阪大学大学院 博士後期課程
  • 2002 - 2004 大阪大学大学院 博士前期課程
  • 1998 - 2002 Osaka University
Professional career (2):
  • 博士(法学) (大阪大学)
  • 修士(法学) (大阪大学)
Work history (5):
  • 2020/04 - 現在 Kobe University Graduate School of Law
  • 2011/04 - 2020/03 Kobe University Graduate School of Law
  • 2017/12 - 2019/09 ルーヴァン・カトリック大学 人文学部 客員教授
  • 2010/04 - 2011/03 Shitennoji University The Faculty of Business Administration
  • 2007/04 - 2010/03 Koshien University Institute of General Education
Association Membership(s) (1):
法制史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page