Rchr
J-GLOBAL ID:201001013336297919   Update date: Sep. 24, 2018

Taniguchi Shinko

タニグチ シンコ | Taniguchi Shinko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): History - Japan
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • A basic study of 'sha'(amnesty or pardon) in early modern Japan
Papers (81):
  • 谷口 眞子. 〔論文〕1930年代の日本における「葉隠」の普及過程. WASEDA RILAS JOURNAL. 2018. 6
  • 〔論文〕1930年代の佐賀における「葉隠」の顕彰と学校教育ー「葉隠」をめぐる「記憶の場」と「教育の場」ー. 早稲田大学大学院文学研究科紀要. 2018. 63. 922(423)-906(439)
  • 谷口 眞子. 〔論文〕西周の軍事思想ー服従と忠誠をめぐってー. 2017. 5. 177-192
  • 〔解説〕亀山の仇討ちー江戸時代の敵討をめぐってー. 第304回ー平成29年国立劇場10月歌舞伎公演. 2017. 20-21
  • 谷口 眞子. 〔論文〕読み替えられた「葉隠」ーその刊行と受容の歴史ー. 早稲田大学高等研究所紀要. 2017. 9. 71-83
more...
Books (14):
  • 「殉死・仇討ち・心中」『生と死』
    2015 ISBN:9784393299432
  • 赤穂浪士と吉良邸討入り
    吉川弘文館 2013 ISBN:9784642067768
  • 「名誉と規律化-日本近世の法文化-」『名誉の原理-歴史的国際的視点から-』
    2010
  • 「元禄時代と赤穂事件の史実」『仮名手本忠臣蔵を読む』
    2008
  • 「恩赦をめぐる幕府権威と仏教世界」『近世の宗教と社会2』
    2008
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • 〔口頭発表〕赤穂浪士とその家族
    (2015)
  • 〔口頭発表〕赤穂浪士の討ち入りと忠臣蔵
    (水と緑と詩のまち前橋文学館 2014)
  • 〔口頭発表〕ジャパニーズ・サムライの光と影-歴史学のおもしろさ-
    (2014年度浦安東門会講演会 2014)
  • 〔口頭発表〕堀部安兵衛と赤穂事件
    (早稲田大学地域交流フォーラム 2014)
  • "Conference Activities" Loyalty and Piety in the early Modern Status Society - the Creation of the image of Japanese Samurai-
    (ポーランド日本学会「Japanese Civilization: Tokens and Manifestations」 2013)
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page