Rchr
J-GLOBAL ID:201001027276268184   Update date: Sep. 01, 2020

KATAOKA Akitoshi

カタオカ アキトシ | KATAOKA Akitoshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Perceptual information processing ,  Human interfaces and interactions
Research keywords  (6): 音声符号化 ,  音声強調 ,  アレー信号処理 ,  音響信号処理 ,  ディジタル信号処理 ,  Signal processing
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2016 - 2019 複数マイクロホンアレーによる高品質収音
  • 2015 - 2018 3次元音響空間ウォークスルー実現に向けた波数領域収音再生技術
  • 2012 - 2015 スピーチプライバシー保護の研究
  • Speech and Audio signal processing
Papers (63):
Patents (20):
  • 収音方法、収音装置、収音プログラム
  • 雑音低減方法、装置、プログラム及び記録媒体
  • 音声雑音判別方法および装置、雑音低減方法および装置、音声雑音判別プログラム、雑音低減プログラム
  • 雑音低減処理方法、この方法を実施する装置、プログラム、記録媒体
  • 収音装置、プログラム及びこれを記録した記録媒体
more...
Books (1):
  • Speech and Audio coding for wireless and network application
    Kluwer Academic Publishers 1993
Lectures and oral presentations  (43):
  • 複数マイクロホンアレイを用いた音源の位置関係に基づくエリア収音
    (日本音響学会 秋季研究発表会 2018)
  • スピーチプライバシー保護のための境界音場制御を用いた環境音再生手法の検討
    (日本音響学会 秋季研究発表会 2018)
  • 複数スピーカアレーを用いた分解音声の局所的再合成よるスポット再生
    (電子情報通信学会 応用音響研究会 2018)
  • エリア再生のための非負値行列因子分解を用いた信号分解法
    (日本音響学会 春季研究発表会 2018)
  • 仮想焦点音源を用いた多点制御法による分解音声の局所的再合成
    (日本音響学会 春季研究発表会 2018)
more...
Education (2):
  • - 1986 Doshisha University
  • - 1984 Doshisha University
Professional career (1):
  • 博士(工学) (同志社大学)
Work history (4):
  • 2008/04 - 現在 - 龍谷大学 理工学部
  • 2000/10 - 2008/03 NTTサイバースペース研究所
  • 1997/04 - 2000/09 NTT関西法人営業本部、NTT西日本
  • 1986/04 - 1997/03 NTTヒューマンインタフェース研究所
Committee career (5):
  • 2013/05 - 2017/05 日本音響学会 理事
  • 2005 - 日本音響学会 春季研究発表会 実行委員
  • 2002 - IEEE speech coding workshop technical committee
  • 日本音響学会 査読委員
  • 電子情報通信学会 編集委員,音声研究専門委員会委員,査読委員
Awards (6):
  • 2006 - 電子情報通信学会 通信ソサイエティ論文賞(Best Paper Award)「Measuring the Perceived Importance of Speech Segments for Transmission over IP Networks」
  • 2006 - 日本音響学会 第14回技術開発賞「IP電話会議装置MB-1000の開発」
  • 2005 - 電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション賞 「聴覚障害者支援を目的とした報知音の振動呈示による伝達方法とその有効性の検証」
  • 2003 - 全国発明表彰 特許庁長官賞 「ITU-T国際標準 8kbit/s音声符号化方式 G.729 (特許第3148778号)」
  • 1996 - 日本音響学会 第4回技術開発賞「ITU-T国際標準G.729に採用されたCS-CELP音声符号化方式の開発」
Show all
Association Membership(s) (3):
IEEE ,  電子情報通信学会 ,  日本音響学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page