Rchr
J-GLOBAL ID:201001031427475150   Update date: Aug. 21, 2019

KURITA Yutaka

クリタ ユタカ | KURITA Yutaka
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Dynamics/Control
Research keywords  (5): Self-excited Vibration ,  Vibration Control ,  Vibration Transportation ,  Decentralized Control ,  Legged Locomotion
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2019 - 2022 薄肉円筒工作物切削加工時に生じる工作物変形型びびり振動の発生メカニズムと抑制対策
  • 2014 - 2016 航空機用薄肉部品の切削加工時に発生する工作物変形型びびり振動の抑制技術の開発(経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業)
  • 2009 - 2009 楕円振動を利用した分別搬送 (科学技術振興機構JSTシーズ発掘試験研究)
  • 2008 - 2010 局所制御された自励振動アクチュエータによる多自由度振動系の分散制御
  • 2007 - 2007 自励振動を利用した生体粘弾性のリアルタイム測定装置(科学技術振興機構JSTシーズ発掘試験研究)
Show all
Papers (74):
  • 田中 昂,栗田 裕,大浦 靖典,中村 寛望. 局所フィードバック制御を用いた分散制御による音響空間の固有振動の計測. 日本機械学会論文集. 2019. 85. 874. p. 18-00449
  • Tanaka Takashi, Nakamura Hiromu, Oura Yasunori, Kurita Yutaka,. MEASUREMENT OF NATURAL VIBRATION OF ACOUSTIC SPACE BY MULTI-POINT EXCITATION USING DECENTRALIZED CONTROL. Proceedings of 25th International Congress on Sound and Vibration, No. T01-RS1-174. 2018
  • 青木勇祐,西澤幸男,栗田裕,大浦靖典. Friction Coefficient Variation at Minute Vibration Velocity between Brake Pad and Disc Rotor. EuroBrake 2014, EB2014-ST-001. 2014
  • 青木勇祐,西澤幸男,栗田裕,大浦靖典. Friction Coefficient Variation at Minute Vibration Velocity between Brake Pad and Disc Rotor. SAE International Technical Paper, No.2013-01-2041. 2013
  • 栗田裕,大浦靖典,平塚智裕. 4足動物の歩容と筋骨格系の固有振動の関係(局所フィードバック制御による固有振動の励起). 日本機械学会論文集C編,79-798. 2013. 263-275
more...
MISC (15):
  • 栗田裕,大浦靖典. ディスクブレーキの鳴きに及ぼす摩擦接触部の分布ばね特性の影響. トライボロジスト,54-10. 2009. 646-651
  • 滋賀県立大学工学部機械システム工学科におけるものづくり教育. 砥粒加工学会誌,51-10. 2007. 575-578
  • 横井和美・竹村節子・栗田裕・松村雄一. 安全な立ち上がりの自立を支援するエビデンスの表示-観察力を高めるためのリアルタイムな動作分析表示の開発-. 人間看護学研究 5 滋賀県立大学人間看護学部. 2007. 17-25
  • 機械の運動制御. 機械の研究,54-6. 2002. 642-651
  • 栗田裕,武隆教,廣垣俊樹,田中勝之. CAD/CAEを活用した機械設計教育. 機械設計,43-4. 1999. 70-74
more...
Books (1):
  • CAD/CAEで学ぶ実践機械設計
    工業調査会 2002
Lectures and oral presentations  (260):
  • 磁気浮上搬送装置における位置決め停止時の制振制御
    (日本機械学会第64期通常総会講演会講演概要集 1987)
  • オープンタイプ・パイプラインの伝達特性とその流量制御
    (第30回自動制御連合講演会前刷 1987)
  • 心臓負荷シミュレータにおけるサーボ特性のモデル化
    (日本シミュレーション学会第7回シミュレーション・テクノロジー・コンファレンス 1988)
  • Lanczosアルゴリズムによる多自由度振動系のパラメータ同定
    (第31回自動制御連合講演会前刷 1988)
  • 心臓負荷シミュレータの水流応答特性
    (SICE東北支部学術講演会前刷 1989)
more...
Education (2):
  • 1972 - 1976 名古屋大学 工学部 機械工学科
  • 1977 - 1979 名古屋大学 工学研究科 機械工学専攻
Work history (3):
  • 1979/04 - 1995/03 神鋼電機株式会社
  • 1995/04 - 1999/03 滋賀県立大学 助教授
  • 1999/04 - 2017/03 滋賀県立大学 教授
Association Membership(s) (3):
計測自動制御学会 ,  精密工学会 ,  日本機械学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page