Rchr
J-GLOBAL ID:201001035643277783   Update date: May. 03, 2020

KEIKO KAWADA

カワダ(オシダ) ケイコ | KEIKO KAWADA
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (8): Landscape science ,  Environmental agriculture ,  Horticulture ,  Architectural and city planning ,  Tourism studies ,  Local studies ,  Environmental agriculture ,  Landscape science
Research keywords  (9): エコツーリズム ,  地域生態学 ,  観光まちづくり ,  観光資源 ,  景観生態学 ,  海浜植物 ,  Landscape Ecology ,  Coastal Landscape ,  Landscape Planning
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2016 - 2018 湘南地方サナトリウムにみる近代メディカルツーリズムによる観光まちづくり
  • 2014 - 『鎌倉絵図』にみる近世以降の観光資源の分布特性と観光価値の継承に関する研究
  • 2010 - 2011 近世鎌倉観光における海岸名所の成立および消失の要因と景観構成に関する研究
Papers (31):
  • 上田萌子, 大平和弘, 浦出俊和, 押田佳子, 上甫木昭春. 鹿児島県指宿市有形民俗文化財に指定されたモイドンの保全に関する現状と課題. ランドスケープ研究. 2019. 82. 5
  • 押田佳子. 南湖院ゆかりの文士を通してみた近代茅ヶ崎における地域イメージ変容に関する研究. ランドスケープ研究. 2019. 82. 5
  • 押田佳子, 安齊航也, 久島琴音. A Study on Current Situation and Problems of ”Tourism Crisis Management” in Japan : Focusing on regional disaster management plan and disaster manual for tourists. 都市計画報告集. 2018. 17. 339-342
  • 田中伸彦, 海津ゆりえ, 押田佳子, 川合康央, 一ノ瀬友博, 九里徳泰, 伊藤渚生. A Study on Municipal Tourist Policies against Tsunami Disaster: A Case Study at Six Municipalities in Sagami-bay Area, Kanagawa Prefecture, Japan. 都市計画報告集. 2018. 17. 348-354
  • 押田佳子. 鎌倉における大樹の継承より捉えた観光まちづくり. グリーン・エージ. 2018. 2018年10月. 6-9
more...
MISC (9):
  • 押田佳子. 「ヨソモノ」を担い手とする緑地保全・活用に向けて. 公園緑地. 2019. 80. 3
  • 海津ゆりえ, 伊藤渚生, 押田佳子, 一ノ瀬友博, 九里徳泰, 田中伸彦, 川合康央. 海水浴場利用者の地震津波発生に対するリスク意識に関する研究-相模湾沿岸における夏季海水浴場利用者を題材に. 都市計画報告集. 2019. 18. 201-207
  • 持続可能な観光地に向けた循環型まちづくり-高尾山観光におけるオーバーユースの実態より-. 環境共生. 2018. 33. 44-49
  • 押田佳子. 未就学児を対象とした子育てしやすい公園選び-母親目線で捉えた公園雑感. 都市公園. 2017. 217. 10-13
  • 柳川星, 飯田貴志, 鈴木和也, 松下直道, 吉岡秀斗, 河野力龍, 慶野春毅, 押田佳子, 阿部貴弘. 見て歩き土木遺産「東京オリンピックの舞台 明治神宮外苑を歩く」. 土木技術. 2016. 71. 7. 78-83
more...
Books (12):
  • 新たな都市緑化のあり方「大手町の森」、都市の計画と設計(第3版)
    共立出版 2017
  • eco検定 超速マスター 第4版
    TAC出版 2014 ISBN:4813257852
  • 観光・レクリエーションの展開 (特集 ランドスケープ研究の潮流と展望 : シームレスなフィールドの獲得に向けて)、ランドスケープ研究78(1)
    日本造園学会 2014
  • 合意形成と管理技術、日本造園学会関東支部三十周年記念誌
    日本造園学会関東支部三十周年記念誌 2014
  • 鎌倉における”みどりの観光まちづくり”-地域発信型の観光デザイン-
    日本造園学会関東支部三十周年記念誌 2014
more...
Lectures and oral presentations  (158):
  • 時代経過に伴う武蔵陵墓地の位置づけと地域との係りに関する研究
    (第63回日本大学理工学部学術講演会 2019)
  • 神奈川県箱根町における観光危機管理の在り方に関する研究
    (第63回日本大学理工学部学術講演会 2019)
  • 外国人来訪者が捉えた近代箱根宮ノ下の魅力に関する研究
    (第63回日本大学理工学部学術講演会 2019)
  • 災害復興計画における観光への配慮事項に関する研究-兵庫県南部地震以降の災害に着目して-
    (第63回日本大学理工学部学術講演会 2019)
  • 多摩ニュータウン開発に伴う神社継承の在り方に関する研究
    (第63回日本大学理工学部学術講演会 2019)
more...
Education (3):
  • 2002 - 2005 Osaka Prefecture University Graduate School of Agriculture and Biological Sciences Department of Agriculture and Environmental
  • 2000 - 2002 Osaka Prefecture University Graduate School of Agriculture and Biological Sciences Department of Agriculture and Environmental Sciences
  • 1996 - 2000 Kobe College School of Human Sciences Department of Human Sciences
Work history (6):
  • 2015/04/01 - 日本大学 准教授
  • 2013/04/01 - 2015/03/31 日本大学 助教
  • 2010/04/01 - 2013/03/31 日本大学 助教
  • 2006/04/01 - 2010/03/31 日本大学理工学部理工学研究所 研究員
  • 2009/07/29 - 2010/02/04 信州大学農学部森林科学科 非常勤講師
Show all
Awards (3):
  • 2010/11 - 土木学会 土木学会平成22年度全国大会第66回年次学術講演会優秀講演者受賞
  • 2006/05 - 日本造園学会賞研究論文奨励賞 大阪湾沿岸域における海浜植物の分布特性および保全に関する研究
  • 2005/05 - 第5回環境情報科学センター賞学術論文奨励賞 大阪湾沿岸域におけるハマビシ種子の海流散布に及ぼす人工構造物の影響
Association Membership(s) (7):
環境情報科学センター ,  日本造園学会 ,  日本都市計画学会 ,  土木学会 ,  日本観光研究学会 ,  日本建築学会 ,  日本環境共生学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page