Rchr
J-GLOBAL ID:201001047367057110   Update date: Mar. 24, 2021

Takeo Horiguchi

ホリグチ タケオ | Takeo Horiguchi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): International law
Research keywords  (1): 持続可能な開発・環境保護に関する国際法秩序の研究
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2018 - 国際環境法上の予防アプローチに基づく海洋科学調査の規律の研究
  • 2013 - 2017 国際漁業規制における予防アプローチの展開:日本の国内実施の実証的・理論的研究
  • 2012 - 地球大気国際法秩序の基本構造:地球温暖化防止法制度の将来像
  • 2010 - 2012 欧州の国際河川条約制度における資源配分規範と 環境保護規範の調整の実証的研究
  • 2009 - 日本における国際環境条約の国内実施
Papers (14):
  • Takeo Horiguchi. Emerging Soft Control on States' Minilateral Climate Actions under the Global UN Climate Regime in the Era of the Paris Agreement. Japanese Yearbook of International Law. 2021. 63. 93-123
  • 堀口健夫. ロンドン海洋投棄条約体制による二酸化炭素回収・貯留(CCS)の規律の意義と限界. 国際問題. 2020. 693. 17-27
  • 堀口健夫. SPS協定の下での予防的国内措置. 法律時報. 2019. 91. 10. 28-33
  • 堀口健夫. ロンドン海洋投棄条約体制下での「配置」をめぐる法の発展:気候変動等の緩和を目的とする活動に対する国際規制の展開を手がかりとして. 日本国際問題研究所「インド太平洋における法の支配の課題と海洋安全保障『カントリープロファイル』:国際法研究会」. 2017. 131-154
  • 堀口健夫. ロンドン海洋投棄条約体制における海洋の科学的調査の規律:海洋肥沃化活動をめぐる規制の展開. 環境法政策学会誌. 2017. 20
more...
MISC (10):
  • 堀口健夫. 国際環境法入門:国際社会は環境を保護できるのか. 法学セミナー. 2018. 760. 49-54
  • HORIGUCHI TAKEO. Book Review : Timo Koivurova, Introduction to International Environmental Law (2014, Routledge). Sophia law review. 2015. 59. 2. 103-108
  • SHIN Hae Bong, Takeo Horiguchi. Humane International Law for Peace, Liberty, and Prosperity: Essays in Celebration of the 70th Birthday of Professor Yozo Yokota, edited by Hiroko Akizuki, Kazuhiro Nakatani, and Maki Nishiumi. Tokyo: Kokusai Shoin, 2011. Japanese Yearbook of international law. 2015. 57. 439-443
  • 堀口健夫. 委任統治と国連の監督権限--南西アフリカの国際的地位に関する事件(ICJ1950・7・11勧告的意見. 別冊ジュリスト:国際法判例百選第2版. 2011. 82-83
  • 野村摂雄, 堀口健夫. 環境法 (特集 二〇一〇年学界回顧). 法律時報. 2010. 82. 13. 135-139
more...
Books (24):
  • Encyclopedia of Public International Law in Asia (Volume I Northeast Asia) "Climate Change", "Marine Pollution", "Conservation of Marine Living Resources", "International Trade in Endangered Species", "Habitats of International Importance"
    Brill 2021
  • 『環境キーワード事典(2020年度追録分)』「ワシントン条約」「ラムサール条約」「バーゼル条約」「ストックホルム条約」
    第一法規 2021
  • 『国際法の現在』「第26章SPS協定の下での予防的国内措置」(重複)
    日本評論社 2020
  • 『ビジュアルテキスト環境法』「第14章地球の危機に立ち向かう」「第15章海の生き物の危機に立ち向かう」
    有斐閣 2020
  • 『国際環境法講義』「第10章海洋生物資源の保護」
    有信堂高文社 2020
more...
Lectures and oral presentations  (19):
  • 予防的アプローチに基づく生物資源保存義務の発展と日本の国内実施
    (国際法学会学術大会 2018)
  • 河尻京子「南太平洋における国外気候変動避難民の保護」に対するコメント
    (環境法政策学会 2018)
  • 「「宇宙ごみ」の低減措置に関する国際法上の論点」に対するコメント
    (第21回環境法政策学会学術大会 2017)
  • 国際環境法による海洋科学調査の規律と予防原則
    (環境法政策学会 2016)
  • 宇宙環境保全に関する法的研究
    (慶応大学宇宙法研究所第7回宇宙法シンポジウム 2016)
more...
Works (8):
  • <シンポジウム司会> どうする地球温暖化:排出枠取引の最前線
    2009 -
  • 研究会報告:条約解釈における予防概念の規範的意義ー国際海洋法裁判所の暫定措置命令の検討を手がかりとして(7月18日:北大環境法政策研究会
    2008 -
  • 研究会報告:Precaution as a General Principle of International Law
    2007 -
  • 研究会報告:国際法学からの環境問題へのアプローチ<その展開と課題>
    2007 -
  • 研究会報告:陸起因海洋汚染に関する予防的レジームにおけるproportionalityの意義
    2007 -
more...
Professional career (2):
  • 学術学士 (東京大学)
  • 学術修士 (東京大学)
Association Membership(s) (4):
国際法協会 ,  国際人権法学会 ,  環境法政策学会 ,  国際法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page