Rchr
J-GLOBAL ID:201001047959302176   Update date: Jun. 25, 2021

Tsukada Hanae

ツカダ ハナエ | Tsukada Hanae
Affiliation and department:
Job title: 学振研究員(RPD)
Homepage URL  (1): http://www.tsukadahanae.sakura.ne.jp/wordpress/
Research field  (2): Aesthetic practices ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (11): ベルリオーズ ,  ショパン ,  楽譜出版 ,  音楽史叙述 ,  音楽批評 ,  フランス音楽 ,  音楽教育 ,  音楽思想史 ,  音楽社会史 ,  西洋音楽史 ,  音楽学
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2023 近現代のフランスにおける音楽史教育と市民育成--ライシテ、文化の威光、多文化共生
  • 2019 - 2022 高等教育における現代音楽史の教育モデルの構築--米・仏の実践例の比較検討から
  • 2020 - 必修西洋音楽史教育の録音教材整備と新しい教育アプローチの研究--中世・ルネサンスのレパートリーに焦点をあてて
  • 2019 - Berlioz in Musical Historiography: Past, Present, Future
  • 2013 - Public epitexts of musical works in the 1830s: le Pianiste (1833-35) and the emergence of piano music reviews
Show all
Papers (9):
  • 塚田 花恵. フランスにおけるベルリオーズ受容の150年--没後の蘇演から、21世紀音楽の基盤となるまで. 音楽を通して世界を考える--東京藝術大学音楽学部楽理科土田英三郎ゼミ有志論集. 2020. 222-235
  • TSUKADA Hanae. Berlioz et l’historiographie musicale sous la Troisième République : nationalisme, républicanisme et (anti-)wagnérisme. Hector Berlioz 1869-2019, 150 ans de passions. 2019. 35-46
  • 塚田 花恵. ラヴォワの『音楽史』に描かれたフランスと音楽の進歩. 『ムーサ:沖縄県立芸術大学音楽学研究誌』. 2017. 18. 1-8
  • 塚田 花恵. 「われわれのワーグナー」としてのベルリオーズ--ブリュノーの『フランス音楽』(1901)におけるベルリオーズ評価. 『ムーサ:沖縄県立芸術大学音楽学研究誌』. 2016. 17. 81-92
  • 塚田花恵. コンバリュー『音楽史』(1913〜1919)のオペラ史記述--フランス・オペラの評価にみる共和主義の音楽史観. 『ムーサ:沖縄県立芸術大学音楽学研究誌』. 2015. 16. 1-13
more...
MISC (3):
  • 塚田 花恵. ベルリオーズの創作を彩る人々と芸術--《トロイアの人々》をめぐって. 『春秋』. 2018. 4-7
  • 塚田 花恵. 《ファウストの劫罰》と19世紀フランスの聴衆. 『Symphony』(東京交響楽団プログラム冊子). 2016
  • 塚田 花恵. 19世紀フランスの音楽雑誌とピアノの楽曲解説. 全日本ピアノ指導者協会ウェブサイト内『ピアノ曲事典』. 2013
Lectures and oral presentations  (8):
  • Music Historiography and Canon Formation in Third Republic France: Evaluation of Berlioz and Historical Narratives by Lavoix, Bruneau and Combarieu
    (International Musicological Society, 20th Quinquennial Congress in Tokyo 2017)
  • Criticism of piano music in 1830s France and the changing aesthetic perspectives on instrumental music: A study of music reviews in Le Pianiste and the Gazette musicale de Paris
    (International Conference, Nineteenth-Century Music Criticism 2015)
  • J. コンバリューの『音楽史』(1913〜1919)にみる共和主義の音楽史観
    (日本音楽学会 東日本支部第30回定例研究会 2015)
  • Public epitexts of musical works in the 1830s: le Pianiste (1833-35) and the emergence of piano music reviews
    (Francophone Music Criticism 1789-1914, Network Meeting, 2013 2013)
  • 1830年代フランスのピアノ作品レビューにみる器楽観の変容--『ピアニスト』誌と『ルヴュ・エ・ガゼット・ミュジカル・ド・パリ』誌を中心に
    (19世紀学学会 研究発表会 2012)
more...
Education (3):
  • 2005 - 2012 Tokyo University of the Arts Doctor's Program in Music Course
  • 2003 - 2005 Tokyo University of the Arts
  • 1998 - 2003 Tokyo University of the Arts Musicology
Professional career (2):
  • 博士(音楽学) (東京藝術大学)
  • 修士(音楽) (東京藝術大学)
Work history (11):
  • 2020/04 - 現在 Japan Society for the Promotion of Science
  • 2020/04 - 現在 Shobi University Faculty of Informatica for Arts
  • 2018/04 - 現在 Toyo University Faculty of Literature
  • 2017/04 - 現在 Kunitachi College of Music Faculty of Music
  • 2017/04 - 2020/03 Tokyo University of the Arts Graduate School of Music
Show all
Association Membership(s) (4):
美学会 ,  日本音楽学会 ,  日本ポピュラー音楽学会 ,  日本音楽教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page