Rchr
J-GLOBAL ID:201001047987390587   Update date: Oct. 18, 2021

Mano Kazunori

マノ カズノリ | Mano Kazunori
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (4): Intelligent informatics ,  Human interfaces and interactions ,  Communication and network engineering ,  Educational technology
Research keywords  (4): speech processing ,  human interface ,  systems engineering ,  educational systems
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2019 - 2023 Development and Quality Assurance of Multinational Multidisciplinary Cyber Physical PBL System
Papers (85):
  • Tanasan Srikotr, Kazunori Mano. Vector Quantization of Speech Spectrum Based on the VQ-VAE Embedding Space Learning by GAN Technique, (accepted in Sept.15,2021). IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences. 2022. E105-A. 4
  • K. Matsuhisa, Y. Mu, M. Inoue, T. Yokemura, K. Mano. Discussion Visualization and Reflection System to Facilitate Team-Based Learning. SEFI Annual Conference 2021. 2021
  • Masahiro Inoue, Sayoko Oda, Hiroshi Hasegawa, Kazunori Mano, Atsuko K. Yamazaki, Anak Khantachawana, Maria Anityasari. Project Management of Global Project-based Learning Course for Innovation and Sustainable Development. 2020 IFEES World Engineering Education Forum - Global Engineering Deans Council (WEEF-GEDC). 2020. 1-6
  • Tanasan Srikotr, Kazunori Mano. The Multilayer Perceptron Vector Quantized Variational AutoEncoder for Spectral Envelope Quantization. 2020 IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE). 2020. 2.4.1AVS(5)
  • Tanasan Srikotr, Kazunori Mano. Predictive Vector Quantized Variational AutoEncoder for Spectral Envelope Quantization. 2020 International Conference on Electronics, Information, and Communication (ICEIC). 2020. 243-246
more...
MISC (47):
  • 間野一則, 井上雅裕, 長谷川浩志, 山崎敦子, 除村健俊. PBLにおける学生の学びの促進・プロセス可視化・アセスメントのためのEdTechシステムの開発. 2020年度特別教育・研究報告集 芝浦工業大学. 2021. 60-63
  • 間野一則. ニューノーマル時代における新しいコミュニケーションとビジネス. グローバルコミュニケーションシンポジウム2020,パネルディスカッション,. 2020
  • 品川皓亮: (指導 間野一則). 地域コミュニティにおける生活コミュニケーション活性化技術-人に優しいIoTによるQoL向上の実現- Cyber-Physical PBL System ~PBLディスカッションに基づく行動分析. 2019年度COC学生成果報告会(covid-19により成果発表審査)(敢闘賞). 2020
  • 川瀬光貴, 國澤龍之介, 品川皓亮, 山岸佳, (指導 間野一則). PJ1802:スマートスピーカーを用いたQOL向上支援システムの検討 -生活振り返りシステム「振り返るちゃん」-. 2018年度 『知と地の創造拠点』フォーラム,2018年度COC学生成果報告会 (金賞). 2019
  • 竹川諒子, 野呂瀬翔大, (指導 間野一則). 地域コミュニティにおける生活コミュニケーション活性化技術-人に優しいヒューマン・マシン対話の実現- 「ヒューマンマシンを用いたQoL向上の提案」&「対話ロボットにおけるQoE客観評価フレームワーク」. 2017年度 第4回 COC 学生成果報告会 (銅賞). 2018
more...
Patents (65):
  • LPC vector quantization apparatus
  • Acoustic parameter coding and decoding method, acoustic parameter coding and decoding device and program for conducting the acoustic parameter coding and decoding method
  • LPC parameter vector quantization apparatus, speech coder and speech signal reception apparatus
  • LPC vector quantization apparatus
  • 音声波形データベース構築方法、この方法を実施する装置およびプログラム
more...
Books (5):
  • OHM大学テキスト ディジタル信号処理
    オーム社 2013
  • 音声言語処理の潮流
    コロナ社 2010
  • 未来ねっと技術シリーズ2, ディジタル音声・オーディオ技術
    (社)電気通信協会 1999
  • エンサイクロペディア 電子情報通信ハンドブック
    (社)電子情報通信学会 1998
  • 通信・ネットワーク用語ハンドブック
    日経BP社、日経コミュニケーション編集部 1998
Lectures and oral presentations  (105):
  • PBLオントロジーによるPBL活動分析・可視化の検討
    (日本工学教育協会,2021年度工学教育研究講演会講演論文集 2B04, pp. 148-149 (2021-09). 2021)
  • Cyber-Physical PBL System構築に向けたデータベースの検討
    (電子情報通信学会総合大会 ISSジュニア&学生ポスターセッション, ISS-A-077 2021)
  • Denoising Wavenetを使用したディザ量子化信号の復号
    (電子情報通信学会総合大会 ISSジュニア&学生ポスターセッション, ISS-A-071 2021)
  • Recovery of speech signals from quantized samples with dither based on denoising wavenet
    (The 15th SEATUC Symposium, IS03-B, pp.228 2021)
  • Evaluation of single-ended speech quality assessment from packet layer codes using DNN
    (The 15th SEATUC Symposium, IS03-B, pp.231 2021)
more...
Education (3):
  • 1984 - 1987 Waseda University
  • 1982 - 1984 Waseda University Master course, Electrical Engineering Course
  • 1978 - 1982 Waseda University Department of Electrical Engineering
Professional career (1):
  • Dr. Eng. (Waseda University)
Work history (4):
  • 2008/04 - 現在 Shibaura Institute of Technology Department of Electronic Information Systems, College of Systems Engineering and Science Professor
  • 2006/10 - 2008/03 Tokyo Healthcare University
  • 1987/04 - 2008/03 日本電信電話株式会社 サイバースペース研究所/ヒューマンインタフェース研究所/複合通信研究所
  • 1984/04 - 1987/03 Waseda University Centre for Informatics Research Assistant
Committee career (30):
  • 2021/06 - 現在 (一社)電子情報通信学会,音声研究専門委員会 顧問
  • 2021/04 - 現在 日本工学教育協会,工学教育のデジタライゼーションとデジタルトランスフォーメーションの調査研究委員会 委員
  • 2020/07 - 現在 グローバルコミュニケーション開発推進協議会,技術部会 メンバー
  • 2020/06 - 現在 総務省委託事業「多言語翻訳技術の高度化に関する研究開発」に関わる研究開発運営委員会 座長
  • 2017/06 - 2021/05 (社)電子情報通信学会・(社)日本音響学会 音声研究専門委員会 顧問
Show all
Awards (33):
  • 2021/05 - 関東工学教育協会 第15回(R2年度)関東工学教育協会賞(論文・論説部門) Can-Doリストを用いた工学系グローバル・コミュニケーションのアセスメントと調査(工学教育2019, 67-1)
  • 2020/09 - 日本工学教育協会 第24回(2019年度)工学教育賞(論文・論説部門) Can-Doリストを用いた工学系グローバル・コミュニケーションのアセスメントと調査(工学教育67巻1号pp.34-41, 2019)
  • 2020/01 - IEEE Consumer Electronics Society East Japan Chapter, ICCE Technical Program Committee of Japan IEEE CE East Joint Japan Chapter, ICCE Young Scientist Paper Award The Multilayer Perceptron Vector Quantized Variational AutoEncoder for Spectral Envelope Quantization
  • 2018/08 - 日本工学教育協会 工学教育賞(業績) グローバル環境でイノベーションを創出するための人材育成プログラムの開発-分野横断・国際PBLの設計・実施と質保証-
  • 2018/08 - 関東工学教育協会 関東工学教育協会賞(論文・解説) 多国籍・多分野・産学地域連携PBLの開発と学修成果
Show all
Association Membership(s) (7):
ISCA (International Speech Communication Association) ,  JAPANESE SOCIETY FOR ENGINEERING EDUCATION ,  (社)情報処理学会 ,  (社)日本音響学会 ,  (社)電子情報通信学会 ,  IEEE ,  関東工学教育協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page