Rchr
J-GLOBAL ID:201001051261012394   Update date: Jun. 07, 2021

Kaneko Atsushi

カネコ アツシ | Kaneko Atsushi
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://www2.obirin.ac.jp/a-kaneko/
Research field  (2): Education - general ,  Cultural properties
Research keywords  (3): 郊外・ニュータウン ,  展示表象 ,  博物館
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2018 - 2023 An empirical study on constructing images of history in contents tourism and the role of history museums
  • 2014 - 2017 Empirical Study on the Representation of "Negative Memory" in Museums and its Formation Process
  • 2010 - 2013 人の移動とその動態に関する民俗学的研究
  • 2009 - 2013 大学アーカイヴズ構築に向けた初歩的作業--人文学部所蔵旧制静岡高等学校関係資料の整理
  • 2009 - 2012 Basic Study on the War Exhibition and its Acceptance in Museums
Show all
Papers (49):
  • 博物館展示における意図と解釈. 桜美林大学研究紀要 社会科学研究. 2021. 1. 16-32
  • 博物館を取り巻く「物語性」をめぐって--「観光立国」政策と日本遺産を中心に. 桜美林論考 人文研究. 2020. 11. 80-96
  • 博物館と文化財をめぐる政策的動向. 月刊社会教育. 2019. 762. 4-11
  • 博物館における場所性とオーセンティシティ. 桜美林論考 人文研究. 2019. 10. 67-80
  • 多摩地域における団地の成立とその社会的背景. 多摩のあゆみ. 2019. 173. 48-61
more...
MISC (44):
  • [活動報告]コロナ禍におけるオンライン大学祭へのWeb展覧会出展について. 博物館/文化遺産から社会・歴史を読み解く. 2021. 7. 163-168
  • [活動報告]大学祭におけるゼミ展示「金子ゼミ博物館へようこそ!」の実践記録. 博物館/文化遺産から社会・歴史を読み解く. 2020. 6. 221-230
  • [活動報告]大学祭におけるゼミ展示「What's Hands-on?」の実践記録. 博物館/文化遺産から社会・歴史を読み解く. 2019. 5
  • [活動報告]大学祭におけるゼミ展示「動物園・水族館の今を探る」. 博物館学芸員課程年報. 2018. 19. 3-10
  • [活動報告]大学祭におけるゼミ展示「博物館の裏側へようこそ」の成果と課題. 博物館学芸員課程年報. 2017. 18. 3-10
more...
Books (24):
  • 新編立川市史 資料編 現代1
    立川市 2020
  • 新編立川市史 資料編 絵図・地図
    立川市 2019
  • 羽村市史 資料編 近現代図録
    羽村市 2018
  • ニュータウンの社会史
    青弓社 2017 ISBN:9784787234278
  • 社会教育・生涯学習ハンドブック(第9版)
    エイデル研究所 2017 ISBN:9784871686044
more...
Lectures and oral presentations  (66):
  • 博物館法改正をめぐる政策動向と関連法制の現状--観光・文化財政策を中心に
    (日本社会教育学会六月集会ラウンドテーブル「社会教育法70年と社会教育法制をめぐる課題(その3)博物館法『改正』をめぐって」 2021)
  • 戦争展示における「物語化」と「解釈の自由」
    (名古屋歴史科学研究会2021年度大会「博物館における戦争展示の変遷」 2021)
  • 「博物館と観光」に関する政策的動向について
    (町田の歴史と文化を考える会 2021)
  • 多摩地域の団地建設と『団地白書』
    (町田市立自由民権資料館特別講座「町田の現代史」 2019)
  • 博物館と文化活動
    (静岡大学社会教育主事講習 2019)
more...
Education (2):
  • - 1995 Tokyo Gakugei University
  • - 1993 Chiba University
Professional career (1):
  • Master of Education (Tokyo Gakugei University)
Work history (4):
  • 2013 - 現在 J. F. Oberlin University College of Liberal Arts
  • 2008 - 2013 Shizuoka University Graduate School of Humanities and Social Sciences
  • 2007 - 2013 Shizuoka University Center for Education and Research in Lifelong Learning
  • 1996 - 2007 多摩市立複合文化施設(パルテノン多摩)博物館部門 学芸員
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page