Rchr
J-GLOBAL ID:201001053508638774   Update date: Oct. 24, 2021

Mizuashi Masato

ミズアシ マサト | Mizuashi Masato
Affiliation and department:
Job title: Senior Lecturer
Research field  (1): Dermatology
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2009 - 現在 円形脱毛症の発症機序の免疫学的解析
  • 2021 - 2024 表皮IκBζを軸とした皮膚細菌叢異常による自己免疫疾患発症機構の解析
  • 2018 - 2021 炎症性皮膚疾患におけるヒアルロン酸バイオロジーの解析と創薬基盤強化の新機軸の探求
  • 2014 - 2017 Function analysis of epidermal heme oxygenase-1 in selective knockout mice.
  • 2014 - 2016 The analysis of epidermal iron metabolism for iron salvage
Show all
Papers (61):
  • Sato Y, Fujimura T, Mizuashi M, Aiba S. Lichen planus pemphigoides developing from patient with non-small-cell lung cancer treated with nivolumab. The Journal of dermatology. 2019
  • 山崎 絵美, 天貝 諒, 中嶋 夏磯, 武田 佳奈, 玉渕 めい, 玉渕 恵里佳, 古舘 禎騎, 土山 健一郎, 水芦 政人, 菊地 克子, et al. 衛星病巣を伴った色素性母斑の2例. 日本臨床皮膚科医会雑誌. 2018. 35. 2. 384-384
  • Fujimura T, Kambayashi Y, Hidaka T, Tamabuchi E, Otake E, Tono H, Mizuashi M, Furudate S, Aiba S. Severe erythema exudative multiforme developing from advanced melanoma treated with dabrafenib and trametinib followed by nivolumab. The Journal of dermatology. 2018. 45. 2. e35-e36
  • 塚田 全, 水芦 政人, 福井 玲矛, 佐藤 遥太, 古舘 禎騎, 土山 健一郎, 菊地 克子, 相場 節也, 岡田 美喜子. 治療に難渋したCalciphylaxisの1例. 日本皮膚科学会雑誌. 2017. 127. 1. 43-43
  • Yoshida S, Fujimura T, Kambayashi Y, Furudate S, Mizuashi M, Aiba S. Sarcoidosis-Lymphoma Syndrome Associated with Folliculotropic Peripheral T Cell Lymphoma Not Otherwise Specified. Case reports in oncology. 2017. 10. 1. 372-376
more...
MISC (17):
  • 瀬川 倫子, 水芦 政人, 志藤 光介, 玉渕 恵里佳, 神林 由美, 相場 節也, 城田 祐子. 多巣性線維硬化症の1例. 日本皮膚科学会雑誌. 2019. 129. 5. 1169-1169
  • 吉田 紗彩, 高橋 隼也, 瀬川 雄一朗, 大竹 映香, 遠野 久幸, 神林 由美, 土山 健一郎, 浅野 雅之, 水芦 政人, 相場 節也. 自験例を含めた特発性後天性全身性無汗症に対するステロイドパルス療法の有効性についての検討. 日本皮膚科学会雑誌. 2019. 129. 5. 1223-1223
  • 神林 由美, 藤村 卓, 水芦 政人, 日高 高徳, 遠野 久幸, 大竹 映香, 玉渕 恵里佳, 中嶋 夏磯, 佐々木 留伊, 相場 節也. ダブラフェニブ・トラメチニブ療法中に生じた重症多形滲出性紅斑の1例. 西日本皮膚科. 2018. 80. 3. 291-291
  • 佐々木 留伊, 水芦 政人, 神林 由美, 日高 高徳, 遠野 久幸, 玉渕 恵里佳, 大竹 映香, 谷田 佳世, 中嶋 夏磯, 相場 節也. 溶連菌感染後に発症した重症多形滲出性紅斑の1例. 日本皮膚科学会雑誌. 2018. 128. 2. 223-223
  • 中嶋 夏磯, 水芦 政人, 佐々木 留伊, 大竹 映香, 遠野 久幸, 日高 高徳, 神林 由美, 岡田 修子, 相場 節也, 市川 聡, et al. サルコイド反応を伴う末梢性T細胞リンパ腫の1例. 日本皮膚科学会雑誌. 2017. 127. 10. 2341-2341
more...
Books (2):
  • WHAT'S NEW in 皮膚科学 2014-2015
    メディカルレビュー社 2014
  • 皮膚科臨床アセット10 ここまでわかった乾癬の病態と治療
    中山書店 2012
Lectures and oral presentations  (37):
  • 脱毛症のマエストロが語る!免疫学との接点:ADTAFS
    (日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会 2014)
  • Drug-induced lymphocyte stimulation test (DLST) can detect sensitization to percutaneously sensitized hapten
    (第37回日本研究皮膚科学会 2012)
  • 4mmデルマパンチによる皮膚生検で診断できたIntravascular large B cell lymphoma
    (第356回日本皮膚科学会宮城地方会 2011)
  • マクロゴール400で発症したアナファラキシーの1例
    (第355回日本皮膚科学会宮城・山形・福島3県合同地方会 2011)
  • 加水分解小麦含有石鹸で感作されアナフィラキシー症状を発症した小麦アレルギーの3例
    (第354回日本皮膚科学会宮城地方会 2011)
more...
Education (2):
  • - 2005 Tohoku University
  • - 1998 Tohoku University
Professional career (1):
  • 医学博士 (Tohoku University)
Work history (4):
  • 2019/07 - 現在 東北大学病院 講師
  • 2016/04 - 2019/06 東北大学病院 院内講師
  • 2006/04 - 2016/03 Tohoku University
  • 2005/04 - 2006/03 東北大学病院 医員
Association Membership(s) (8):
Association of Cutaneous surgeons of India(2012/01- 論文査読者) ,  American Society of Dermatopathology(2011/09- 論文査読者) ,  American Society of Dermatopathology(2010/05-2010/05 論文査読者) ,  British Association of Dermatologists(2011/03-2011/04 論文査読者) ,  日本動物実験代替法学会(2011/06-) ,  宮城県免疫アレルギー懇話会(2009/06- 世話人) ,  日本研究皮膚科学会(2001/04-) ,  日本皮膚科学会(1998/04-)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page