Rchr
J-GLOBAL ID:201001054383302996   Update date: Jul. 13, 2020

Kariya Chihiro

カリヤ チヒロ | Kariya Chihiro
Affiliation and department:
Job title: Fellow
Research field  (1): Politics
Research keywords  (2): 政治思想史 ,  政治学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2023 植民地期インドをめぐる思想の諸相:ヨーロッパの視点とインドの視点の交差
  • 2015 - 2018 社会科学者としてのE・バーク:経済思想と歴史叙述の分析を基軸とした総合的研究
  • 2014 - 2017 18世紀後期英国における国際関係思想の形成と転回 -国家・帝国・コモンウェルス
Papers (11):
  • 苅谷 千尋. フランス革命期ブリテンにおける諸国民の法の理解:エドマンド・バークとジェームズ・マッキントッシュを中心に. 関西大学法学研究所研究叢書. 2019. 60. 135-164
  • KARIYA Chihiro. Burke on ”International Society”: England School and Cambridge School. Annual Bulletin of the Institute for International Research of J. F. Oberlin University. 2018. 41-62
  • 苅谷 千尋. インド論. バーク読本 --〈保守主義の父〉再考のために. 2017. 69-90
  • 苅谷 千尋. エドマンド・バークと帝国の言語 --『第九報告書』(1783年)をめぐって. 思想. 2016. 1110. 29-51
  • 苅谷 千尋. 不介入規範の造成と抵抗 --18世紀後期ヨーロッパにおける国際政治思想の一断面. 重森 臣広ら編著『規範の造成学』. 2014. 23-39
more...
MISC (4):
  • 苅谷 千尋. 書評:ハンナ・ピトキン『代表の概念』(早川誠訳、名古屋大学出版会、2017年). 図書新聞. 2018. 3350
  • Chihiro Kariya. Review of Richard Bourke, Empire and Revolution: The Political Life of Edmund Burke, Princeton University Press, 2015. Studies in British Philosophy. 2017. 40. 88-89
  • Chihiro Kariya. Review of David Armitage, Foundations of Modern International Thought (Japanese translation, Hosei University Press, 2015. Studies in British Philosophy. 2016. 39. 105-107
  • 立命館大学日露戦争史料調査会, 代表. 日露戦争を報道した海外紙記事翻訳集. 『日露戦争を報道した海外紙記事翻訳集』. 2014
Books (1):
  • The Mixture of Norms in Policies
    Keiso Shobo Publishers 2014 ISBN:4326302291
Lectures and oral presentations  (7):
  • フランス革命期ブリテンにおける諸国民の法の理解:エドマンド・バークとジェームズ・マッキントッシュを中心に
    (日本イギリス哲学会 関西部会 2019)
  • 国際社会論におけるバーク --"ティーカップ"の中の「論争」?
    (桜美林大学国際学研究所シンポジウム「国際学の先端 --(準)周辺からみた国際社会論」 2017)
  • バークのインド統治論 --政治経済学と古来の国制論の言語
    (日本イギリス哲学会 第40回研究大会 2016)
  • バークにおける帝国とコモンウェルス
    (日本イギリス哲学会 第38回研究大会 シンポジウム I「近代コモンウェ ルス論の展開 --ブリテン・ヨーロッパ・世界」 2014)
  • エドマンド・バークの介入理論
    (政治思想学会 第20回研究会 自由論題分科会2 2013)
more...
Education (2):
  • 2006 - 2009 Ritsumeikan University
  • 2004 - 2006 Nagoya City University
Work history (2):
  • 2017/04 - 現在 Kansai University
  • 2015/04 - 現在 Ritsumeikan University
Committee career (2):
  • 2020/04 - 現在 日本イギリス哲学会 通信幹事
  • 2010/04 - 2012/03 日本イギリス哲学会 幹事
Awards (1):
  • 2014/03 - Japanese Society for British Philosophy The 6th Encouraging Prize for Young Scholars in Japanese Society for British Philosophy
Association Membership(s) (4):
JAPANESE POLITICAL SCIENCE ASSOCIATION ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR BRITISH PHILOSOPHY ,  THE SOCIETY FOR THE HISTORY OF SOCIAL THOUGHTS ,  THE JAPANESE CONFERENCE FOR THE STUDY OF POLITICAL THOUGHT
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page