Rchr
J-GLOBAL ID:201001056365972430   Update date: Nov. 30, 2020

Yamada Yasuyuki

ヤマダ ヤスユキ | Yamada Yasuyuki
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (3): Hygiene and public health (non-laboratory) ,  Home economics, lifestyle science ,  Science education
Research keywords  (3): 科学コミュニケーション ,  Open science ,  Infographics
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2018 - 2021 Practical study of science communication for disaster prevention in regional society
  • 2017 - 2021 Management Study on Revitalization of Nursing Organizations Applying AI Technologies
  • 2015 - 2018 Development of Nursing Diversity Management Manual for Encouragement of Fulfilling Childcare Life among Male Nurses
  • 2014 - 2017 Behavioral Sensor-Based Organizational Design and Management in Japan: From the Perspectives of Communication Channel in Nursing Organization
  • 2014 - 2017 Association between risk factors of psychological restraint on smartphone usage and neck musculoskeletal disorders
Show all
Papers (39):
more...
MISC (6):
  • 山田 泰行, 山田 クリス孝介, 榎原 毅. 学術集会開催報告 ErgonomicThon : 産業安全保健活動に役立つ人間工学ナッジを学ぼう : 行動変容を促す理論と実践ワークショップ. 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics. 2020. 56. 2. 79-83
  • 山田 クリス孝介, 山田 泰行, 榎原 毅. 学術集会開催報告 ErgonomicThon : 人間工学のオープンイノベーション手法ワークショップ. 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics. 2019. 55. 5. 224-227
  • 榎原 毅, 山田 泰行, 山田 クリス孝介. 学術集会開催報告 ErgonomicThonワークショップに参加して人間工学のオープンイノベーション手法を学ぼう. 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics. 2018. 54. 6. 250-253
  • 山田泰行. 日本人間工学会大会第56回大会参加報告(2)「ビッグデータと人間工学」シンポジウム参加報告. 人間工学. 2015. 51. 2. 156-156
  • 芳地 泰幸, 山田 泰行. 第49回人類動態学会全国大会 現場を第一に考える視点で : 若手からベテランまで,その多様性と学際性が奏でるハーモニー. 労働の科学. 2014. 69. 8. 498-500
more...
Books (16):
  • Advances in Human Factors, Business Management and Leadership
    Springer 2019
  • Advances in Social and Occupational Ergonomics
    Springer 2019
  • Advances in Social and Occupational Ergonomics
    Springer 2019
  • 働態研究ツール集
    人類働態学会 2018
  • Advances in Human Factors in Sports and Outdoor Recreation Volume 496 of the series Advances in Intelligent Systems and Computing
    Springer 2017
more...
Lectures and oral presentations  (64):
  • 静脈血栓塞栓症の新しい危険因子 子宮内膜症と習慣流産
    (日本産婦人科・新生児血液学会誌 2019)
  • 1G3-5 A Study of the Characteristic of the Behavior Pattern at work and Healthy State using Voice and Attribute Information in the nursing organization
    (The Japanese Journal of Ergonomics 2019)
  • 2F3-6 Field Study for Improvement of Tourism Resources in Matsuyama City: Good Practice in Tourist Flow
    (The Japanese Journal of Ergonomics 2019)
  • 運動による中枢性疲労の機序を解明するための基礎研究
    (順天堂スポーツ健康科学研究 2018)
  • 1G1-3 A Consideration on Assertions and Stress of Nurses at University Hospital
    (The Japanese Journal of Ergonomics 2018)
more...
Education (3):
  • 2005 - 2008 Juntendo University
  • 2003 - 2005 Juntendo University
  • 1999 - 2003 Juntendo University
Work history (4):
  • 2019/04 - 現在 Juntendo University Graduate School of Health and Sports Science.
  • 2014/04 - 2019/03 Juntendo University Graduate School of Health and Sports Science.
  • 2010/11 - 2014/03 Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences Department of Occupational and Environmental Health
  • 2008/04 - 2010/10 Juntendo University Faculty of Health and Sports Science
Committee career (5):
  • 2020/06 - 現在 日本人間工学会 科学コミュニケーション部会 部会長
  • 2020/06 - 現在 日本人間工学会 国際誌検討委員会 委員
  • 2014/04 - 現在 人類働態学会 理事
  • 2016/04 - 2017/03 The 2nd Asian Conference on Ergonomics and Design 2017(ACED2017) 実行委員
  • 2012/06 - 2016/06 日本人間工学会 編集委員会 委員
Awards (8):
  • 2019/08 - 日本看護管理学会 第23回日本看護管理学会学術集会 優秀ポスター賞 研究者から看 護師への研究結果フィードバックの科学的有用性に関する検討-看護組織のコミュニケーション調査 を中心にして-
  • 2019/03 - 日本統計学会 第9回スポーツデータ解析コンペティションインフォグラフィック部門 優秀賞
  • 2018/07 - 日本統計学会 第8回スポーツデータ解析コンペティションインフォグラフィック部門 最優秀賞
  • 2018/06 - 人類働態学会 第54回人類働態学会全国大会 優秀発表賞 函館市の観光資源改善に向けたフィールド研 究の実践-函館空港の満足度を高める良好 事例の収集-
  • 2017/06 - 人類働態学会 第52回人類働態学会全国大会 優秀発表賞 「名古屋市の観光資源改善に向けたフィール ド研究の実践(II)-観光ガイドブックの推奨ルートを巡って-」
Show all
Association Membership(s) (8):
日本心理学会 ,  日本疫学会 ,  日本産業衛生学会 ,  順天堂医学会 ,  産業保健人間工学会 ,  日本人間工学会 ,  人類働態学会 ,  日本体育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page