Rchr
J-GLOBAL ID:201001064670761956   Update date: Jul. 21, 2021

Saitoh Mizuho

サイトウ ミズホ | Saitoh Mizuho
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • 九州大学埋蔵文化財調査室
Research field  (1): Archaeology
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 2019 - 2024 日本海沿岸地域を中心とした地震・火山現象の解明のための史料収集と解析(分担)
  • 2019 - 2023 弥生時代渡来人のゆくえ-渡来人は本当に倭人に同化したか?-(代表)
  • 2018 - 2019 『弥生土器型式細別論』(代表)
  • 2017 - 2019 16世紀末から18世紀前半の内陸地震研究-天正地震・信濃小谷地震を中心に-(分担)
  • 2017 - 2019 日本琥珀玉文化の形成と発展に関する研究(分担)
Show all
Papers (72):
  • 齋藤 瑞穂. 板付式精製土器文様の構図. 利根川. 2021. 43. 181-190
  • 齋藤 瑞穂. 須玖式土器論序説. 持続する志-岩永省三先生退職記念論文集- 上. 2021. 131-152
  • 齋藤 友里恵, 齋藤 瑞穂. 福津市禁裏屋敷跡の中世石造物. 文化福津. 2021. 16. 13-16
  • 齋藤 瑞穂, 鈴木 正博. 縄文三陸地震津波再々論ー縄文時代後期の山田湾津波と復興ー. 2020年歴史地震史料研究会講演要旨集. 2020. 1-7
  • 齋藤 瑞穂. 縄文三陸地震津波への接近. 考古学ジャーナル. 2020. 738. 50-53
more...
MISC (19):
  • 齋藤 瑞穂. 七星板研究-遺体の下に置かれた板の正体を追え-. 大学と埋蔵文化財. 2019. 28
  • 宮本 一夫, 三阪 一徳, 齋藤 瑞穂. 箱崎キャンパスの元寇防塁と近世甕棺墓. 九州大学アジア埋蔵文化財研究センターニュースレター. 2019. 20. 1-2
  • 齋藤 瑞穂, 阿部 泰之. 第4回研究発表会の概要:弥生時代編年の枠組みと木器研究の現状・課題. 新潟県考古学会連絡紙. 2017. 113. 4
  • SAITOH, M. Trends in Archaeology in Japan: Yayoi Period. Japanese Journal of Arcaheology. 2017. 5. 1. 61-62
  • 齋藤 瑞穂. 弥生時代研究の動向. 日本考古学協会年報. 2017. 68. 32-38
more...
Books (14):
  • 箱崎遺跡-HZK1901・1905・2001・2002・2004地点-
    九州大学埋蔵文化財調査室 2021
  • 箱崎遺跡-HZK1802・1803・1805・1902地点-
    九州大学埋蔵文化財調査室 2020
  • 箱崎遺跡-HZK1701・1702・1704・1705・1706地点,付 HZK1802・1803地点概要報告-
    九州大学埋蔵文化財調査室 2019
  • 弥生土器型式細別論
    同成社 2018 ISBN:4886218105
  • 山草荷遺跡出土の弥生土器-新発田市指定有形文化財(考古資料)-
    新発田市教育委員会 2018
more...
Lectures and oral presentations  (46):
  • A fine-tuned pottery typochronology for detailing prehistoric tsunamis: From Sanriku Coast of NE Japan as an example
    (The 30th International Tsunami symposium 2021)
  • 縄文三陸地震津波再々論ー縄文時代後期の山田湾津波と復興ー
    (第8回歴史地震史料研究会 2020)
  • 縄文三陸地震津波再論-山田湾の復興を考える手掛かりとして-
    (第7回前近代歴史地震史料研究会 2019)
  • 近世甕棺と七星板-福岡市箱崎遺跡(九州大学箱崎キャンパスHZK1801地点)の調査成果-
    (日本考古学協会第85回総会 2019)
  • 先史時代の地震と津波を「考古学」する
    (平成31年度九州大学考古学研究室新入生歓迎考古学談話会 2019)
more...
Education (3):
  • 2005 - 2008 University of Tsukuba
  • 2000 - 2005 University of Tsukuba
  • 1996 - 2000 University of Tsukuba
Professional career (1):
  • 博士(文学) (筑波大学)
Work history (7):
  • 2018/04 - 現在 Kyushu University
  • 2015/05 - 2018/03 Niigata University
  • 2012/11 - 2015/04 Niigata University Research Institute for Natural Hazards and Disaster Recovery
  • 2010/04 - 2012/10 Niigata University
  • 2008/06 - 2010/03 Fukuoka University Faculty of Humanities
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page