Rchr
J-GLOBAL ID:201001068110716349   Update date: Mar. 05, 2021

Okamura Kayko

オカムラ ケイコ | Okamura Kayko
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Other affiliations (1):
Research field  (2): Sociology ,  Library/information science, humanistic/social informatics
Research keywords  (6): 大衆文化とグローバリゼーション ,  地域メディア(谷根千) ,  異文化間コミュニケーション ,  Popular Culture and Globalization ,  Local Media(YaNeSen) ,  Intercultural Communication
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 1999 - 2015 文化単位の生成と地域メディア
  • 1999 - 2015 Cultural Unit and Local Media
  • 2002 - 2008 大衆文化のグローバル化とローカル化
  • 2002 - 2008 Globalization and Localization of Popular Culture
MISC (18):
  • Kayko OKAMURA. Rethinking of the Engagement with Living "Social" at Elder Care. 2021. 14
  • ローカル・メディアの現代的意義--『地域雑誌 谷中・根津・千駄木』から考える. 地域総合研究. 2010. 3
  • 記号としての団地--羨望、忌避、偏愛. 地域総合研究. 2009. 2
  • 多文化社会における「くに」と言葉. 移民・難民・外国人労働者と多文化共生(増谷英樹編). 2009
  • 岡村圭子, 清水恵. 在外日系児童の「日本語」学習をめぐる諸問題--ドイツA市での事例研究から. マテシス・ウニウェルサリス. 2007. 9. 1. 99-130
more...
Books (6):
  • 団地へのまなざし:ローカル・ネットワークの構築に向けて
    新泉社 2019
  • ポスト・ベッドタウンシステムの研究
    丸善出版 2013
  • Local Media and Urban Culture
    2011
  • Japanese and Nikkei at Home and Abroad: Negotiating Identities in a Global World
    Cambria 2009
  • 移民・難民・外国人労働者と多文化共生
    2009
more...
Works (2):
  • 文化単位としての「谷中・根津・千駄木」
    2000 -
  • Yanaka-Nezu-Sendagi as a cultural unit
    2000 -
Education (4):
  • - 2003 Chuo University
  • - 2003 Chuo University
  • - 1998 Rikkyo University
  • - 1998 Rikkyo University
Professional career (2):
  • -
  • Socio-informatics,Ph.D. (Chuo University)
Work history (4):
  • 2014/04 - 現在 Dokkyo University School of International Liberal Arts
  • 2008 - - 獨協大学 国際教養学部 准教授
  • 2004 - - 獨協大学 外国語学部 専任講師
  • 2000 - - 中央大学社会科学研究所 準研究員
Association Membership(s) (5):
日本社会学史学会 ,  国際社会学会(International Sociological Association) ,  世界社会学機構(International Institute of Sociology) ,  関東社会学会 ,  日本社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page