Rchr
J-GLOBAL ID:201001082548277081   Update date: Apr. 15, 2021

HIROYUKI MIYASAKA

ミヤサカヒロユキ | HIROYUKI MIYASAKA
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.fujita-hu.ac.jp/FMIP/
Research field  (1): Rehabilitation science
Research keywords  (2): 上肢機能 ,  脳卒中
Research theme for competitive and other funds  (15):
  • 2019 - 2022 脳卒中患者の麻痺側上肢の鉛直運動ロボットの開発と臨床効果
  • 2016 - 2020 Verification of combined use of robot-training with electrical stimulation on stroke patients
  • 2015 - 2019 Design Research for the Maintenance and Improvement of Living Functions by "Power Up! Art"
  • 2015 - 2019 Development of a rat model of unilateral spatial neglect
  • 2016 - 2018 客観的痙縮評価システムの開発と臨床応用
Show all
Papers (32):
MISC (52):
  • 大西 斉, 宮坂 裕之, 園田 茂. 知っててよかった!リハビリ機器(Vol.4) 上肢用ロボット型運動訓練装置ReoGo-J. リハビリナース. 2020. 13. 4. 390-393
  • 大西 斉, 宮坂 裕之, 進藤 直紀, 伊藤 和樹, 園田 茂. 上肢ロボットの評価結果からみる重症度別の運動麻痺の回復過程. 日本作業療法学会抄録集. 2019. 53回. OA-5
  • 川上 健司, 宮坂 裕之, 日沖 雄一, 外海 祐輔, 小川 未有, 黒谷 恵利, 古本 文子, 松本 麻由, 園田 茂. 回復期リハビリテーション病棟での安全懸架装置を用いた脳卒中片麻痺歩行検証. 理学療法学. 2019. 46. Suppl.1. 15セッション3-15セッション3
  • 日沖 雄一, 川上 健司, 宮坂 裕之, 外海 祐輔, 小川 未有, 黒谷 恵利, 古本 文子, 松本 麻由, 園田 茂. 回復期脳卒中患者に対する安全懸架装置を利用した歩行練習の効果. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019. 56. 特別号. 5
  • 竹尾 淳美, 岡崎 英人, 堀 博和, 渡邉 克章, 中川 裕規, 宮坂 裕之, 武田 湖太郎, 園田 茂. 車椅子駆動中の坐圧測定-関心領域選択方法の検討. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019. 56. 特別号. 2-5
more...
Work history (1):
  • Fujita Health University
Awards (1):
  • 2014/06 - 日本リハビリテーション医学会 日本リハビリテーション医学会 コメディカル部門 最優秀演題賞
Association Membership(s) (1):
日本作業療法士協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page