Rchr
J-GLOBAL ID:201001085404927099   Update date: Dec. 02, 2020

kenji yanagisawa

ヤナギサワ ケンジ | kenji yanagisawa
Affiliation and department:
Research field  (2): Machine elements and tribology ,  Design engineering
Research keywords  (1): 表面加工/機械的界面/固体潤滑材/はっ水性/滑水性
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2018 - 2022 CNT複合シートの超音波振動を利用した滑雪性能革新および滑雪メカニズムの解明
  • 2015 - 2017 超音波振動を利用した超滑水CNT複合シート構成による着雪氷防止技術の研究
  • 2014 - 2016 滑水性を評価できるpull-off力評価システムの開発
  • 2014 - 2016 超滑水シートを用いた配管内の流体摩擦抵抗削減補助事業
  • 2013 - 2014 超音波振動加振超滑水樹脂CNTシート開発
Show all
Papers (8):
more...
MISC (5):
Patents (2):
  • 樹脂成形体及びその製造方法
  • 摩擦力伝達・検出機構
Books (2):
  • 高分子材料のトライボロジー制御
    株式会社技術情報協会 2020
  • カーボンナノチューブ・グラフェンの応用研究最前線
    株式会社エヌ・ティー・エス 2016
Lectures and oral presentations  (77):
  • 各種はっ水性シートの付着雪垂直せん断試験について
    (第36回寒地技術シンポジウム 2020)
  • 水滴の変形がシリコーンシートと水滴間の引き離し力に及ばす影響
    (日本トライボロジー学会,トライボロジー会議2020秋 2020)
  • 二面間に形成された液体架橋のせん断力に関する近似計算法
    (日本トライボロジー学会,トライボロジー会議2020秋 2020)
  • 小林誠虎,柳澤憲史:振動させたシリコーンシートと3点接触する氷の間の摩擦力測定および界面状況の観察
    (日本トライボロジー学会,トライボロジー会議2020秋 2020)
  • 微細な表面凹凸をもつシリコーンシート斜面とその上を滑り落ちる水滴間の摩擦力の解析
    (日本機械学会2020年度年次大会 2020)
more...
Professional career (1):
  • 博士(工学)
Committee career (15):
  • 2017 - 現在 日本トライボロジー学会 第3種研究会「表面力研究会」,委員
  • 2015 - 現在 Nanotechnology Business Creation Initiative 委員会,ナノカーボンワーキンググループ,委員
  • 2019/03 - 2020/03 日本機械学会 2019年度日本機械学会北陸信越支部長野県幹事
  • 2019/03 - 2020/03 日本機械学会 2019年度日本機械学会北陸信越支部商議員
  • 2018/04 - 2018/10 精密工学会 2018年度精密工学会北陸信越支部学術講演会 実行委員
Show all
Association Membership(s) (4):
炭素材料学会 ,  精密工学会 ,  日本機械学会 ,  日本トライボロジー学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page