Rchr
J-GLOBAL ID:201001087060577983   Update date: Jun. 09, 2020

Ishimaru Masaki

イシマルマ サキ | Ishimaru Masaki
Research field  (1): Clinical psychology
Research keywords  (2): Brief Therapy ,  Clinical Psychology
Papers (3):
  • ISHIMARU Masaki, SAGAMI Takehito. An effect of WOWW approach practice in a university class: based on students' score of class understanding. Japanese journal of brief psychotherapy. 2011. 20. 1. 39-47
  • ISHIMARU Masaki, SAGAMI Takehito. The effect of solution-focused approach in carrier counseling by using e-mail: qualitative analysis by KJ-method. Bulletin of The Center for Education and Educational Research The Faculty of Education Ehime University. 2010. 28. 199-206
  • 石丸雅貴. 場面かん黙症の女児を抱える母親との面接過程. 心理臨床事例研究 (愛媛大学心理教育相談室紀要). 2010. 6. 1-9
MISC (3):
  • 石丸雅貴. 三浦論文へのコメント:傾聴という技法と解決志向という理論. 心理臨床事例研究 (愛媛大学心理教育相談室紀要). 2013. 9. 107-108
  • 石丸雅貴. 吉田論文へのコメント:セラピストの言動を説明することへの挑戦. 心理臨床事例研究 (愛媛大学心理教育相談室紀要). 2012. 8. 71-72
  • 長谷川 明弘, 石丸 雅貴. 用語解説 (特集 学校と子どもを活かすブリーフセラピー : 解決志向の実践) -- (学校でできる「ブリーフセラピー」の用語解説&参考図書紹介). 児童心理. 2012. 66. 3. 136-140
Lectures and oral presentations  (10):
  • Solution-Focused Brief Therapy を学校教育へ適用する-WOWWプログラムの紹介とその効果-
    (第44回愛媛ソリューション研究会 2013)
  • 学校や生徒の良さを引き出す (若手臨床家のための学校臨床におけるブリーフセラピー)
    (日本心理臨床学会第31回秋季大会 2012)
  • WOWWプログラムにおける効果的なコンプリメント
    (日本ブリーフサイコセラピー学会第21回秋田大会 2011)
  • 大学教育におけるWOWWアプローチ
    (第4回ソリューションランド神戸大会 2010)
  • 進路相談におけるメールを活用したSolution-Focused Approachの効果
    (日本心理学会第74回大 2010)
more...
Education (3):
  • 2010 - 2013 Nagoya University Department of Human and Social Environment
  • 2008 - 2010 Ehime University
  • 2004 - 2008 Kanazawa Institute of Technology
Professional career (1):
  • 修士(教育学) (愛媛大学)
Work history (4):
  • 2013/04 - 現在 Kanazawa Institute of Technology Academic Foundations Programs assistant professor
  • 2012/04 - 2013/02 Faculty of Child Development, Nihon Fukushi University part-time lecturer
  • 2012/04 - 2012/09 Japan College of Reabilitation and Welfare Professionals part-time lecturer
  • Kanazawa Institute of Technology Academic Foundations Programs Humanities and Social Sciences Program
Committee career (1):
  • 2011/04 - 2013/03 東海相談学会 幹事
Association Membership(s) (4):
日本ブリーフサイコセラピー学会 ,  日本催眠医学心理学会 ,  日本心理臨床学会 ,  日本心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page