Rchr
J-GLOBAL ID:201001099157167877   Update date: Sep. 01, 2020

YOSHITO ANDO

アンドウ ヨシト | YOSHITO ANDO
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • マレーシアサテライトキャンパスMSSC  副ディレクター
Homepage URL  (1): http://www.life.kyutech.ac.jp/~yando/
Research field  (6): Polymer materials ,  Electronic devices and equipment ,  Green/sustainable/environmental chemistry ,  Functional solid-state chemistry ,  Polymer chemistry ,  Synthetic organic chemistry
Research keywords  (8): Polymerization ,  Sustainable materials ,  biomass ,  organic synthesis ,  機能性表面 ,  資源循環材料 ,  気相重合 ,  有機光化学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2009 - バイオマスを利用した新たな資源循環材料の創生に関する研究
  • 2009 - 気相重合法を利用したバイオマス材料の創生に関する研究
  • 2009 - バイオマスを利用した有機/無機複合材料に関する研究
Papers (19):
MISC (47):
more...
Patents (5):
  • Zero valent metal initiated gas-phase deposition polymerization
  • 表面被覆された木質系複合材料
  • Zero valent metal initiated gas-phase deposition polymerization (gdp).
  • Process for manufacturing organoclay-polymer nanocomposites by gas phase polymerization.
  • Gas phase radical polymerization for fabric treatment.
Lectures and oral presentations  (16):
  • ラクチドのα位水素へのメチル化反応に関する研究
    (第59回高分子討論会 2010)
  • 気相重合法を利用した未利用森林資源の活用
    (第59回高分子討論会 2010)
  • バイオマス由来の添加剤を利用した多孔質膜の作成とその応用
    (第59回高分子討論会 2010)
  • ポリ乳酸/TiO2複合体を用いた色素増感太陽電池に関する基礎的研究
    (第59回高分子討論会 2010)
  • ポリテトラメチルグリコリドの物性および熱分解性(依頼発表)
    (第59回高分子討論会 2010)
more...
Works (5):
  • 次世代ポリ乳酸(PTMG)の開発と進化した低炭素循環産業の北九州市への誘致
    2009 - 2010
  • 気相重合により高度な耐候性が付与された木質成分とプラスチックとの複合材料
    2009 - 2010
  • 海洋バイオマスベースプラスチックの製造と環境調和型高度機能性材料の創生
    2009 -
  • 気相ラジカル重合法による立体規則性の制御
    2007 - 2008
  • 植物由来の材料を利用した次世代材料の研究開発
    2007 -
Work history (5):
  • 平成22年4月 ~ 平成28年3月 九州工業大学 エコタウン実証研究センター 准教授
  • 平成21年4月 ~ 平成22年3月 九州工業大学大学院・生命体工学研究科 研究職員
  • 平成19年4月 ~ 平成21年3月 近畿大学・分子工学研究所 助教
  • ヘンケル先端技術リサーチセンター 博士研究員
  • 平成14年4月 ~ 平成19年3月 近畿大学・分子工学研究所
Association Membership(s) (3):
エコマテリアル研究会 ,  グリーンケミストリー研究会 ,  高分子学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page