Proj
J-GLOBAL ID:201004038539699749  Research Project code:3265 Update date:Oct. 07, 2013

情報処理の最適性からとらえる分子・細胞・発生現象

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
分子・細胞・発生現象はその素過程では高いゆらぎを示すにもかかわらず、全体としてロバストに振る舞います。本研究では、統計学を動力学理論と融合させることによって、生命現象のロバスト性のメカニズムを情報処理的側面から取り扱う理論を構築します。この理論を用いてさまざまな生命現象を解析することにより、我々の体を構成する細胞がさまざまな不確定性に対して柔軟にかつ巧みに対応する原理の解明が期待されます。
Research program: 戦略的創造研究推進事業(個人型研究)
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Research budget: \0
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page