Rchr
J-GLOBAL ID:201101002239930491   Update date: Sep. 01, 2020

Yamanouchi Takashi

Yamanouchi Takashi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
  • Graduate University for Advanced Studies
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/00141995
Research field  (2): Atmospheric and hydrospheric science ,  Environmental dynamics
Research keywords  (19): 物質循環 ,  気候影響 ,  NOAA衛星 ,  衛星検証 ,  気候変動 ,  地球環境 ,  二酸化炭素 ,  雲分布 ,  海氷 ,  温暖化 ,  北極 ,  放射強制力 ,  極渦 ,  マイクロ波 ,  オゾン ,  温室効果気体 ,  成層圏 ,  雲 ,  エアロゾル
Research theme for competitive and other funds  (23):
  • 一般B、地球物理学;気象・海洋・陸水学 「極軌道衛星と地上での比較観測による雪氷面上の放射及びマイクロ波特性の研究」、昭和56~58年度、分担(代表楠宏)。
  • 奨励(A)、地球物理学;気象・海洋・陸水学 「南極域における大気の放射収支の評価に関する研究」、昭和58年度、代表;
  • 奨励(A)、地球物理学;気象・海洋・陸水学 「衛星による南極域における雲の分布特性に関する研究」、昭和59年度、代表;
  • 重点領域(2)地球環境、「衛星による南極氷海域の雲・海氷分布の導出に関する研究」、平成元年~2年、分担(代表川口貞男);
  • 試験B(1)複合領域、環境科学;環境動態解析 「無人航空機観測用超小型大気サンプリングシステムの開発」、平成7~9年度、代表;
Show all
Papers (146):
MISC (218):
more...
Books (14):
  • 2.1 Polar Atmosphere International Polar Year 2007-2008, Summary by the IPY Joint Committee
    2011
  • 北極の気候と放射 気象研究ノート「北極の気象と海氷」
    日本気象学会 2011
  • 北極探検から地球温暖化観測最前線へ 気象研究ノート「北極の気象と海氷」
    日本気象学会 2011
  • 南極・北極の気象と気候(気象ブックス28)
    成山堂書店 2009
  • Chapter 2, Observations, Data Accuracy and Tools. , “Antarctic Climate Change and the Environment”, 33-114.
    Scientific Committee on Antarctic Research 2009
more...
Lectures and oral presentations  (49):
  • Stratosphere-troposphere exchange and Program of the Antarctic Syowa MST/IS Radar (PANSY)
    (SCAR XXXI Open Science Conference, 2010, Buenos Aires 2010)
  • 新しい南極観測体制と第VIII期重点研究観測「南極域から探る地球温暖化」
    (日本気象学会2010年春季大会、極域・寒冷圏研究連絡会 2010)
  • 南極観測50年の歩みと昭和基地大型大気レーダー(PANSY)
    (日本地球惑星科学連合大会、極域科学の新時代 2010)
  • これからの北極研究:南極に学ぶScience-Diplomacy
    (日本地球惑星科学連合大会、北極圏の気候変動 2010)
  • 国際極年(IPY)2007-2008の成果と将来展望。
    (日本気象学会2009年度秋季大会、2009年11月25-27日、福岡。 2009)
more...
Works (8):
  • 38-th Japanese Antartic Research Expedition
    1996 - 1998
  • 第38次南極地域観測隊
    1996 - 1998
  • 第28次南極地杉観測隊
    1986 - 1988
  • 28-th Japanese Antarctic Research Expedition
    1986 - 1988
  • アムンゼン・スコット南極点基地における放射収支の研究
    1985 -
more...
Education (4):
  • - 1978 Tohoku University
  • - 1978 Tohoku University
  • - 1973 Tokyo Institute of Technology
  • - 1973 Tokyo Institute of Technology
Professional career (1):
  • Doctor of Science
Work history (15):
  • 2007 - 2009 National Institute of Polar Research
  • 2004 - 2006 National Institute of Polar Research National Institute of Polar Research
  • 2003 - National Institute of Polar Research
  • 2002 - National Institute of Polar Research
  • 2000 - 2001 National Institute of Polar Research
Show all
Committee career (38):
  • 2000 - 2004 Meteorological Society of Japan Director
  • 2000 - 日本気象学会 常任理事
  • 国立極地研究所北極科学研究推進特別委員会委員(1995.12~2003.12)
  • 総合研究大学院大学教育研究評議会評議員(2004.4~2005.3)
  • 総合地球環境学研究所創設調査委員会研究支援システム・施設・設備検討部会専門委員(2000.5~2001.3)
Show all
Awards (2):
  • 1999 - 日本気象学会 学会賞
  • 1985 - 日本気象学会 山本賞
Association Membership(s) (3):
JAPAN GEOSCIENCE UNION ,  日本雪氷学会 ,  (社)日本気象学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page