Rchr
J-GLOBAL ID:201101010211101689   Update date: Nov. 02, 2020

Aramaki Eiji

アラマキ エイジ | Aramaki Eiji
Affiliation and department:
Other affiliations (3):
  • 産業技術総合研究所(AIST) 人工知能研究センター  客員研究員
  • 国立がんセンター(NCC)  客員研究員
  • 大阪国際がんセンター  特別研究員
Homepage URL  (2): http://luululu.com/aramaki/http://luululu.com/aramaki/
Research field  (1): Intelligent informatics
Research keywords  (15): コミュニティ型コンテンツ ,  SNS ,  コンテンツホール検索 ,  Wikipedia ,  検索 ,  ブログ ,  コミュニティ ,  Web2.0 ,  画像・言語・音声等認識 ,  情報システム ,  自然言語処理 ,  人工知能 ,  情報工学 ,  機械学習 ,  医療・福祉
Research theme for competitive and other funds  (28):
  • 2018 - 2023 セキュリティの高い医療情報データベースの構築とそれらを利用した医療有用情報の抽出、解析技術等の開発プロジェクト (SIPAIH18A01)
  • 2018 - 2023 医療テキスト構造化のための言語・知識処理基盤の構築
  • 2016 - 2022 思春期からの主体価値の発展過程解明
  • 2018 - 2020 レジリエントな手術チームのシステムダイナミクスの解明
  • 2017 - 2019 医用知能情報システム基盤の研究開発
Show all
Papers (124):
  • Tomohide Iwao, Genta Kato, Isao Ito, Eiji Aramaki, Tomohiro Kuroda. A survey of clarithromycin monotherapy and long-term administration of ethambutol for patients with MAC lung disease in Japan: A retrospective cohort study using the database of health insurance claims. Pharmacoepidemiology and Drug Safety. 2020. 29. 4. 427-432
  • Making Twitter Safer: Uncovering Social-Bot on Twitter through User’s Content Approach. DBSJ Journal. 2020. 18. 1. 1-7
  • Kazuya Taira, Taichi Murayama, Sumio Fujita, Mikiko Ito, Kei Kamide, Eiji Aramaki. Comparing the medical term usage patterns of professionals with those of search engine/community question answering service users in Japan: Log Analysis (Preprint). Journal of Medical Internet Research. 2020
  • Hayate Iso, Yui Uehara, Tatsuya Ishigaki, Hiroshi Noji, Eiji Aramaki, Ichiro Kobayashi, Yusuke Miyao, Naoaki Okazaki, Hiroya Takamura. Learning to select, track, and generate for data-to-text. ACL 2019 - 57th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics, Proceedings of the Conference. 2020. 2102-2113
  • Aramaki E, Honda C, Wakamiya S, Sato A, Myashiro I. Quick Cognitive Impairment Test for Cancer Patients Using Emotional Stroop Effect. Studies in health technology and informatics. 2019. 264. 1629-1630
more...
MISC (53):
  • Shohei Hisada, Taichi Murayama, Kota Tsubouchi, Sumio Fujita, Shuntaro Yada, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki. Syndromic surveillance using search query logs and user location information from smartphones against COVID-19 clusters in Japan. 2020
  • Zhiwei Gao, Shuntaro Yada, Shoko Wakamiya, Eiji Aramaki. NAIST COVID: Multilingual COVID-19 Twitter and Weibo Dataset. 2020
  • MATSUMURA YASUSHI, TORISAWA KENTARO, SHINOHARA EMIKO, SUZUKI TAKAHIRO, ARAMAKI EIJI. (Dream) Frontier and Promising Application of Natural Language Processing. Japan Journal of Medical Informatics. 2018. 38. 1. 41-46
  • 荒牧英治, 北雄介, 宮部真衣, 若宮翔子, 河合由起子, 清田陽司. 広がり続ける 100 ninmap project -街歩きから不動産検索まで-. 人工知能学会論文誌 特集号「不動産とAI」. 2017. 32. 4. 63-68
  • 粟村誉, 岡照晃, 荒牧英治, 河原大輔, 黒橋禎夫. ユーザのライフログに対する健康アドバイスの自動生成. 言語処理学会 第22回年次大会. 2016
more...
Patents (1):
  • 診断装置,診断方法,及び診断プログラム
Books (8):
  • 日本語学12月号「SNSビッグデータでとらえる言語問題」
    明治書院 2017
  • 臨床心理学増刊号第9号「語りの自然言語処理」
    2017
  • 医療言語処理
    コロナ社, 2017
  • 実験医学増刊号「 ビッグデータと生命科学・医療」
    羊土社 2016
  • ソーシャルメディアでインフルエンザ流行を捉える, 岩波データサイエンス4
    岩波書店 2016
more...
Lectures and oral presentations  (367):
  • カルテ文の情報処理の医療応用の可能性
    (脳心血管抗加齢研究会2018 2018)
  • AI関連技術の活用で知る医学用語の現状課題
    (日本医学会 医学用語管理委員会 2018)
  • 医療ビッグデータの応用事例
    (システム制御情報学会セミナー 2018)
  • 自然言語処理による手術会話の分析
    (コンピュータ外科学会・シンポジウム 2018)
  • 自然言語処理による手術会話の分析
    (日本コンピュータ外科学会大会 2018)
more...
Works (1):
  • Inter Media Translation: Kyoto Art Center (KAC)
    Eiji ARAMAKI, Sengen TSUKUDA 2005 - 2005
Education (3):
  • 2002 - 2005 The University of Tokyo
  • 2000 - 2002 Kyoto University
  • 1995 - 2000 Kyoto University
Professional career (1):
  • 情報理工学 (東京大学)
Work history (5):
  • 2020/04 - 現在 Nara Institute of Science and Technology Division of Information Science Professor
  • 2015/09 - 2020/03 Nara Institute of Science and Technology
  • 2013/04 - 2015/08 Kyoto University Design School Associate professor
  • 2009/04 - 2013/03 The University of Tokyo
  • 2005/04 - 2009/03 東京大学 医学部・附属病院 特任助教
Committee career (9):
  • 2019 - 現在 自然言語処理学会 理事
  • 2018 - 現在 EMNLP Area Chair
  • 2018 - 現在 New generation computing Editorial Board
  • 2017 - 現在 情報通信審議会技術戦略委員会 次世代人工知能推進戦略委員会 構成委員
  • 2017 - 現在 自然言語処理学会 編集委員
Show all
Awards (7):
  • 2020 - 人工知能学会 人工知能学会論文賞
  • 2018 - IMIA IMIA Best Paper
  • 2017 - NTCIR13, MedWeb Task Best System Award
  • 2016/03 - インタラクション2016 ベストペーパー・アワード
  • 2016 - Best Paper Award
Show all
Association Membership(s) (4):
人工知能学会 ,  医療情報学会 ,  言語処理学会 ,  ACL
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page