Rchr
J-GLOBAL ID:201101012707185133   Update date: Nov. 19, 2020

Sugino Naoki

スギノ ナオキ | Sugino Naoki
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/30235890
Research field  (3): Educational technology ,  Primary/secondary education and curricula ,  Foreign language education
Research keywords  (30): 国際理解 ,  IRT ,  英文法能力 ,  言語テスト ,  言語テスト研究 ,  総合的な学習の時間 ,  評価 ,  カリキュラム ,  ヒューリスティックス ,  授業分析 ,  Competition Model ,  非対格動詞 ,  非能格動詞 ,  英語文法標準テスト ,  日本人英語学習者 ,  早期英語教育 ,  与格交替 ,  英語文法能力 ,  第二言語習得理論 ,  項目応答理論 ,  外国語能力測定 ,  共通被験者計画 ,  英語入試問題データベース ,  ネットワーク構造 ,  心内辞書 ,  語彙学習支援ツール ,  教育工学 ,  英語学力の経年変化 ,  item specification ,  英語教育学
MISC (7):
  • 大場浩正, 杉野直樹, 山川健一, 清水裕子, 中野美知子. How Japanese EFL learners' cue dependencies in sentence comprehension affect their grammaticality judgements of wh-questions. 上越英語研究. 2006. 7
  • 石川祥一, 小林敏彦, 杉野直樹, 松本佳子, 中野美知子. JACETテスト特別委員会シンポジウム:英語教育におけるリスニング能力を考える. JACET 第45回全国大会. 2006
  • 山川健一, 杉野直樹, 木村真治. 日本人英語学習者による非対格動詞と非能格動詞の習得. 大学英語教育学会中国・四国支部研究紀要. 2005. 2. 91-110
  • 吉村宰, 荘島宏二郎, 杉野直樹. 大学入試センター試験既出問題を利用した共通受験者計画による英語学力の経年変化の調査. 日本テスト学会誌. 2005. 1. 1. 51-58
  • 中野美知子, 山川健一, 木村真治, 杉野直樹, 清水裕子, 大場浩正. 第二言語習得研究と言語テスト研究の有機的連携 : データ分析と研究の方向(「国際語」としての英語-その教育目標と基準-). JACET全国大会要綱. 2004. 43. 265-266
more...
Work history (5):
  • 2006 - 2009 Ritsumeikan University College of Information Science and Engineering
  • 2007 - Ritsumeikan University
  • 2004 - 2005 Ritsumeikan University College of Information Science and Engineering
  • 2001 - 2004 Gifu University Faculty of Regional Studies
  • 2002 - Gifu University
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page