Rchr
J-GLOBAL ID:201101012805409171   Update date: Dec. 02, 2020

Kawai Toru

Kawai Toru
Affiliation and department:
Research field  (2): Sociology of education ,  Education - general
Research keywords  (13): Career Development ,  Active Learning ,  アイデンティティ ,  自己 ,  アクション・リサーチ ,  経験学習 ,  リフレクション ,  成長理論 ,  発達科学 ,  Learning Research ,  College Student Survey ,  Student Learning ,  Higher Education
Papers (39):
  • 河井亨. 大学生の成長理論の動向 -Student Development in College 第 3 版を手がかりとして-. 社会システム研究. 2020. 40. 1-20
  • How to Facilitate Student Reflection : Instructors Reflect on Experiential Learning Practice. 2020. 41. 2. 53-56
  • 河井亨. アクティブラーニングおよび主体的・対話的で深い学びと学生の成長のあいだにはどのような関係があるのか. 社会システム研究. 2019. 38. 1-28
  • 今川新悟, 河井亨, 真田樹義. 課外自主活動における学生の成長ーワークショップによる成長調査を通じて. 立命館高等教育研究. 2019. 19. 111-121
  • 河井亨. 大学生の学習とアイデンティティはどのような関係にあるのか -学習とアイデンティティ形成の 3 対モデルの縫合-. 2018. 24. 67-77
more...
MISC (3):
  • 河井 亨. アクティブラーニング文献案内 (アクティブ・ラーニング). IDE : 現代の高等教育. 2016. 582. 62-65
  • 山中 司, 河井 亨. Phronesis of "Project-based English Program" : What has been Accomplished and What Work Remains in Ritsumeikan University. 立命館高等教育研究 = Ritsumeikan higher educational studies. 2016. 16. 219-232
  • 河井 亨. 正課外教育における学生の学びと成長 (特集 特徴ある正課外教育で学生を教育する). 大学時報. 2015. 64. 364. 34-41
Books (10):
  • 若者のアイデンティティ形成 : 学校から仕事へのトランジションを切り抜ける
    東信堂 2020 ISBN:9784798916422
  • 若者のアイデンティティ形成 : 学校から仕事へのトランジションを切り抜ける
    東信堂 2020 ISBN:9784798916422
  • 『ボランティアで学生は変わるのか』
    ナカニシヤ出版 2019
  • 『体験の言語化実践ガイドブック』平山郁夫記念ボランティアセンター
    成文堂 2018
  • 『体験の言語化』早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター
    成文堂 2016
more...
Lectures and oral presentations  (29):
  • 「体験の言語化」と「専門知」
    (第26回大学教育研究フォーラム 2020)
  • 『ボランティアで学生は変わるのか-「体験の言語化」からの挑戦』 出版記念シンポジウム・パネルディスカッション
    (『ボランティアで学生は変わるのか-「体験の言語化」からの挑戦』 出版記念シンポジウム 2019)
  • 学生の成長を評価する〜経験の交流と共有を通じて
    (2019年度関西地区大学ボランティアセンター連絡協議会 2019)
  • Helping learners verbalize their experiences by improving daily writing habits through a reflective and active service-learning curriculum
    (IARSLCE 2018)
  • 立命館大学における成長調査プロジェクト
    (学生生活支援研究会夏期合宿研究会(日本私立大学連盟・学生生活支援研究会) 2019)
more...
Professional career (1):
  • 博士(教育学) (京都大学)
Work history (2):
  • 2018/04 - 現在 Ritsumeikan University College of Sport and Health Science
  • 2013/04 - 2018/03 Ritsumeikan University Institute for Teaching and Learning
Association Membership(s) (5):
JAPANESE EDUCATIONAL RESEARCH ASSOCIATION ,  THE JAPAN SOCIETY OF EDUCATIONAL SOCIOLOGY ,  NATIONAL ASSOCIATION FOR THE STUDY OF EDUCATIONAL METHODS ,  JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY ,  LIBERAL AND GENERAL EDUCAITION SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page