Rchr
J-GLOBAL ID:201101012991463113   Update date: Aug. 27, 2020

Kudo Yoshihisa

クドウ ヨシヒサ | Kudo Yoshihisa
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/20080179
Research field  (9): Neuroscience - general ,  Neuroscience - general ,  Anesthesiology ,  Clinical pharmacy ,  Physiology ,  Neuroscience - general ,  Neuroscience - general ,  Neuroscience - general ,  Cell biology
Research keywords  (31): 包括脳ネットワーク ,  アストロサイト ,  グリア細胞 ,  ニューロン ,  Ca^<2+> ,  リン酸化 ,  グルタミン酸トランスポーター ,  カルシウム ,  成長因子 ,  サイトカイン ,  Ca^<2+>オシレ-ション ,  カルシウムイオン ,  可視化試薬 ,  国際会議 ,  グリア画像データベース化 ,  蛍光 ,  トランスポーター電位 ,  情報処理機構 ,  中間評価 ,  シナプス ,  エンドセリン ,  情報伝達 ,  t-ACPD ,  アストログリア ,  精神疾患 ,  高次機能 ,  アンチオキシダント ,  国際シンポジウム ,  ホームページ ,  成果報告会 ,  神経細胞
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • Glia-Neuron network
  • 細胞内シグナル検出プローブの開発
  • 画像処理による細胞内情報伝達機構の解析
  • Development of drugs for protecting neuronal cells from death
  • シナプス活動におけるグリア細胞の役割
Show all
MISC (113):
Patents (3):
  • Calcium channel antagonist possessing an inhibitory action against secretion of parathyroid hormones
  • 脳血管障害に基づく疾患の予防または治療薬
  • 脳浮腫の解析方法
Books (2):
  • 神経薬理学入門
    朝倉書店 2003
  • 神経生物学入門
    朝倉諸点 2001
Works (8):
  • Elucidation of glia-neuron network mediated information procssing systems
    2003 - 2007
  • グリア-ニューロン回路網による情報処理機構の解明
    2003 - 2007
  • Development of novel indicators for dynamic features of functional molecules in living cells
    2002 - 2006
  • 細胞ナインネットワークのダイナミズ解析技術の開発
    2002 - 2006
  • Development of techniques for visualizing the dynamics of functional molecules in living cells
    1998 - 2000
more...
Education (2):
  • - 1964 Nagoya City University Medicin
  • - 1964 Nagoya City University
Professional career (1):
  • Doctor of Pharmacy
Work history (4):
  • 2006 - 2008 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
  • 2006 - 2007 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences
  • 1995 - 2005 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences School of Life Science
  • 2005 - Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences School of Life Science
Committee career (2):
  • 1980 - 日本神経科学学会 神経薬理専門会員
  • 日本薬理学会 評議員
Association Membership(s) (10):
International society for Neurochemistry ,  IBRO(International Brain Research Organization ,  日本薬学会 ,  American Association for the Advancement of Science ,  日本薬理学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本生理学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経化学会 ,  日本生物物理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page