Rchr
J-GLOBAL ID:201101016215298744   Update date: Oct. 02, 2020

Fumiyuki Watanabe

ワタナベ フミユキ | Fumiyuki Watanabe
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Clinical pharmacy
Research keywords  (7): 共同薬物治療管理 ,  服薬アドヒアランス ,  Community Pharmacy ,  Regional Network ,  family pharmacy ,  satisfaction ,  community pharmacy
Papers (31):
  • 名越ソッヴィリヤック, ヴァッティ, 関 利一, 平井 利幸, 玉井 典子, 渡邉 文之. ひたちなか健康ITネットワーク導入による薬局薬剤師の疑義照会の質的変化. 日本薬剤師会雑誌. 2020. 72. 4. 365-370
  • Nobuhiro Ooba, Ayaka Sente, Megumi Abe, Fumiyuki Watanabe, Daisuke Tsutsumi, Kiminobu Nakamura, Toshimitsu Nakayama, Koichi Kimura, Noriyasu Fukuoka. Frequency of Clinical Monitoring of Serum Concentrations of Digoxin, Potassium, and Creatinine, and Recording of Electrocardiograms in Digoxin-Treated Patients: A Japanese Claims Database Analysis. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2020
  • 平井 利幸, 渡邉 文之, 堀 晴香, 秋山 裕史, 寺門 祐介, 関 利一. 病院と保険薬局におけるICTによる患者情報を活用した経口抗がん剤の問い合わせ基準の評価. 薬局薬学. 2019. 11. 1. 53-61
  • Ishimura Atsushi, Watanabe Fumiyuki, Fukui Munenori, Suzuki Ruriko, Kamei Miwako. Design and Implementation by Hospital Pharmacists of a Pharmacotherapy Management Protocol for Outpatients with Type-2 Diabetes. J Community Pharm Pharm Sci. 2019. 11. 1. 35-43
  • Kazunori Tanuma, Fumiyuki Watanabe, Hatsuyo Maeda, Nobutaka Saitoh, Miwako Kamei. Validation of a reorganized training program using a cognitive behavioral therapy approach to enable community pharmacists to provide empathic patient counseling. YAKUGAKU ZASSHI. 2019. 139. 1. 97-106
more...
Books (8):
  • 薬学生のための英語会話
    東京化学同人 2019
  • 薬剤師実務のアウトカム 薬剤師の貢献を示すアウトカム研究を始めるときに読む本
    株式会社薬ゼミ情報教育センター 2019
  • 薬事法規・制度・倫理マニュアル 改訂14版
    南山堂 2019
  • 基礎から学ぶ! 行動科学 理論とその技法
    薬事日報社 2018
  • 実践事前実習テキスト
    京都廣川書店 2018
more...
Lectures and oral presentations  (84):
  • 直接監視下服薬支援が高齢者のフレイルおよび服薬アドヒアランスに与える影響
    (第52回日本薬剤師会学術大会 2019)
  • 練馬区における薬局薬剤師と高齢者の在宅医療に対する認識の違いと今後の可能性
    (第52回日本薬剤師会学術大会 2019)
  • 直接監視下服薬支援が高齢者のフレイルおよび服薬アドヒアランスに与える影響
    (日本医療薬学会 第3回フレッシャーズ・カンファランス 2019)
  • 薬局薬剤師の電話サポートがSNRI・SSRI服用患者の通院継続率に与える影響
    (日本医療薬学会 第3回フレッシャーズ・カンファランス 2019)
  • 練馬区における薬局薬剤師と高齢者の在宅医療に対する認識の違いと今後の可能性
    (日本医療薬学会 第3回フレッシャーズ・カンファランス 2019)
more...
Education (3):
  • 2008 - 2012 Showa University 薬学研究科
  • 1997 - 1999 Meiji Pharmaceutical University Pathophysiology
  • 1993 - 1997 Meiji Pharmaceutical University The Department of Sanitary Pharmaceutical Science
Professional career (2):
  • 博士(薬学) (昭和大学)
  • a degree of master
Work history (2):
  • 2011/04/01 - School of Pharmacy,Nihon University
  • 1999/04/01 - 2011/03/31 Dispensary Yakuju
Awards (5):
  • 2019/06/16 - 日本医療薬学会第3回フレッシャーズ・カンファランス 優秀演題発表賞 直接監視下服薬支援が高齢者のフレイルおよび服薬アドヒアランスに与える影響
  • 2017/11/04 - 日本医療薬学会 優秀演題賞 ITを基盤とした地域保険薬局との連携プロトコールの成果:(共著者として)
  • 2015/05/24 - 第9回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会 優秀賞 薬局が医療機関と連携して取り組む禁煙治療支援の評価~医師と薬剤師の文書合意に基づく共同薬物治療管理プロトコルの実践~ :(共著者として)
  • 2015/05/24 - 第9回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会 優秀賞 薬局薬剤師が心に寄り添う服薬支援を可能にするために認知行動療法的手法を用いた研修プログラムの開発~RIASによるコミュニケーション分析~ :(共著者として)
  • 2014/11/24 - 第8回日本保険薬局学会学術総会 ポスター最優秀賞 薬局薬剤師が心に寄り添う服薬支援を可能にするために認知行動療法的手法を用いた研修プログラムの開発 :(共著者として)
Association Membership(s) (4):
the pharmaceutical society of japan ,  Japanese Society of Social Pharmaccy ,  Pharmacy Society of Japan ,  Japanese society of Pharmaceutical health care and sciences
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page