Rchr
J-GLOBAL ID:201101016908479483   Update date: Aug. 23, 2020

Tonaki Yotetsu

トナキ ヨウテツ | Tonaki Yotetsu
Affiliation and department:
Research field  (1): History of thought
Research keywords  (4): 社会思想 ,  ユダヤ思想 ,  フランス哲学 ,  エマニュエル・レヴィナス
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2020 - 2023 脱人間化社会における責任概念の再考:哲学・思想史・応用倫理の架橋的アプローチ
  • 2019 - 2022 レヴィナス哲学の総合的再検討と国際的研究基盤の構築
  • 2017 - 2020 ハンナ・アーレント思想の哲学・倫理学的意義の総合的再検討
  • 2017 - 2020 身体・意味・時間:後期レヴィナス哲学の再検討
  • 2015 - 2018 啓蒙期から現代に至るカタストロフィの思想と表象に関する総合的研究
Show all
Papers (19):
  • 渡名喜 庸哲. 「イリヤとエロス 『レヴィナス著作集』から見えてくるもの」. 『レヴィナス研究』. 2019. 1. 8-23
  • 渡名喜 庸哲. 「クロード・ルフォールとピエール・パシェ 抵抗の場としての内密性」. 『文芸研究』(明治大学文学部文芸研究会). 2018. 135. 221-238
  • 渡名喜 庸哲. 「カタストロフ前夜のシモーヌ・ヴェイユ」. 『別冊水声通信 シモーヌ・ヴェイユ』. 2017
  • Yotetsu Tonaki. "Günther Anders et le Japon. Penser le post-humain". Europe. 2017. 1058-1059-1060. 267-280
  • 渡名喜 庸哲. 「被投性か繁殖性か:レヴィナスのハイデガー批判はそもそも何を狙っていたのか」. 『ハイデガー・フォーラム』. 2016. 10. 91-103
more...
MISC (44):
  • 渡名喜庸哲. 「「内戦」時代のドローン "人間狩り"の時代と倫理」. 『福音と世界』. 2020. 2020年8月. 12-17
  • 渡名喜庸哲. 「書評:峰尾公也著『ハイデガーと時間性の哲学--根源・派生・媒介』」. 実存思想論集XXXV『実存とケア』. 2020. 196-198
  • 渡名喜庸哲. 「基礎存在論は(どの意味で)基礎的か ハイデガーとレヴィナス:峰尾公也『ハイデガーと時間性の哲学』(渓水社、2019)に寄せて」. ハイデガー研究会編『Zuspiel』. 2020. 3. 46-56
  • 渡名喜庸哲. 「ジュディス・バトラー『分かれ道:ユダヤ性とシオニズム批判』(青土社、2019年)書評」. 『図書新聞』. 2020. 3436
  • レジーヌ・アズリア, ファラッド・コスロカヴァール. 「民族的・宗教的憎悪」. 『宗教事象事典』. 2019. 686-692
more...
Books (25):
  • 『アーレント読本』
    法政大学出版局 2020
  • Corps et Message: De la structure de la traduction et de l’adaptation
    Editions Picquier 2019
  • 『映画で考える生命環境倫理学』
    勁草書房 2019
  • 『メシア的時間 歴史的時間と生きられた時間』
    法政大学出版局 2018
  • 『ドローンの哲学 遠隔テクノロジーと〈無人化〉する戦争』
    明石書店 2018
more...
Lectures and oral presentations  (51):
  • 「現象学的弁証法の彷徨:松田智裕『弁証法、戦争、解読 前期デリダ思想の展開史』合評会コメント」
    (脱構築研究会 2020)
  • 「介護分野への AI 活用における倫理的課題」
    (第2回日本在宅医療連合学会大会「シンポジウム‌ 地域包括ケアと AI ~ケアマネジメントを中心に」 2020)
  • 「基礎存在論は(どの意味で)基礎的か?峰尾公也『ハイデガーと時間性の哲学』(渓水社、2019)に寄せて」
    (ハイデガー研究会特別企画:峰尾公也著『ハイデガーと時間性の哲学--根源・派生・媒介』合評会 2019)
  • "Levinas et une pensée extrême sur l’Orient : en réponse à la critique de J. Butler"
    (Colloque international Le singulier et l’universel Levinas et la pensée de l’Extrême-Orient 2019)
  • "Télétechnologie et hantologie : de Levinas à Derrida"
    (International Conference « Derrida et la technologie / Derrida and Technology », Columbia Global Centers / Paris 2019)
more...
Education (5):
  • 2006 - 2011 パリ第七大学
  • 2004 - 2009 The University of Tokyo
  • 2005 - 2006 カーン大学 哲学科修士課程
  • 2002 - 2004 The University of Tokyo
  • 1998 - 2002 Hitotsubashi University
Professional career (1):
  • 博士 (パリ第7大学)
Work history (10):
  • 2017/04 - 2020/03 Waseda University School of Culture, Media and Society
  • 2016/04 - 2020/03 Keio University
  • 2017/04 - 2018/03 Hosei University
  • 2009/04 - 2017/03 Senshu University School of Commerce
  • 2016/04 - 2016/08 The University of Tokyo College of Arts and Sciences
Show all
Committee career (4):
  • 2018/09 - 現在 レヴィナス協会 運営委員
  • 2018/06 - 現在 京都ユダヤ思想学会 関東部会長・運営委員・編集委員
  • 2016/05 - 現在 日本アーレント研究会 会計監査
  • 2015/05 - 2016/05 日本フランス語フランス文学会 常任幹事・広報委員
Association Membership(s) (7):
京都ユダヤ思想学会 ,  LA SOCIÉTÉ JAPONAISE DE LANGUE ET LITTÉRATURE FRANÇAISES ,  社会思想史学会 ,  日仏哲学会 ,  THE ASSOCIATION FOR STUDIES OF CULTURE AND REPRESENTATION ,  日本アーレント研究会 ,  レヴィナス協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page