Rchr
J-GLOBAL ID:201101024424657878   Update date: Nov. 04, 2020

kishino tatsuya

kishino tatsuya
Affiliation and department:
Research field  (4): Fetal medicine/Pediatrics ,  Medical biochemistry ,  Medical biochemistry ,  Fetal medicine/Pediatrics
Research keywords  (33): ドロップレットデジタルPCR ,  プラダーウィリー症候群 ,  疾病遺伝子 ,  遺伝性難聴 ,  ハプロタイプ解析 ,  Snrpn ,  TSGA14 ,  7q32 ,  Atp10a ,  Silver-Russell症侯群 ,  卵 ,  MEST ,  グリア細胞 ,  PEG1 ,  エンハンサー ,  エピジェネティクス ,  自閉性 ,  アンジェルマン症候群 ,  エピジェネテクス ,  クロマチン病 ,  DNAメチル化 ,  アンジェルマシ症候群 ,  IC-transcript ,  メチル化 ,  ゲノム刷り込み ,  Ube3a ,  自閉症 ,  ヒストン修飾 ,  脳 ,  神経細胞 ,  インプリンティング ,  統合脳・分子脳科学 ,  包括脳ネットワーク
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2013 - 2016 インプリンティング変異によるプラダー・ウィリー症候群モデルマウスの解析
  • 2009 - 2011 アンジェルマン症候群原因遺伝UBE3Aトランスジェニックマウスの解析
  • 2008 - 2009 ヒト、マウスにおける神経細胞特異的インプリンティング遺伝子の探索
  • 2006 - 2007 組織特異的インプリンティング獲得機構の解析
  • 2006 - 2007 過排卵が及ぼす未受精卵インプリントへの影響
Show all
Papers (103):
  • Yoshiro Morimoto, Shintaro Yoshida, Akira Kinoshita, Chisei Satoh, Hiroyuki Mishima, Naohiro Yamaguchi, Katsuya Matsuda, Miako Sakaguchi, Takeshi Tanaka, Yoshihiro Komohara, et al. Nonsense mutation in CFAP43 causes normal-pressure hydrocephalus with ciliary abnormalities. Neurology. 2019. 92. 20. e2364-e2374-e2374
  • Ayumi Nakagaki, Asuka Urakawa, Shiori Hirano, Takeru Anami, Tatsuya Kishino. Application of droplet digital PCR in the analysis of genome integration and organization of the transgene in BAC transgenic mice. Scientific Reports. 2018. 8. 1. 6638
  • Ayumi Nakagaki, Shiori Hirano, Asuka Urakawa, Maiko Mitake, Tatsuya Kishino. Transgenic mice with a tandem duplication of the Necdin gene overexpress Necdin. Mammalian Genome. 2018
  • Ayumi Nakagaki, Hanae Osanai, Tatsuya Kishino. Imprinting analysis of the mouse chromosome 7C region in DNMT1-null embryos. GENE. 2014. 553. 1. 63-68
  • Cheron G, Márquez-Ruiz J, Kishino T, Dan B. Disruption of the LTD dialogue between the cerebellum and the cortex in Angelman syndrome model: a timing hypothesis. Frontiers in systems neuroscience. 2014. 8. 221
more...
MISC (12):
Lectures and oral presentations  (12):
  • necdin遺伝子のタンデム重複を持つトランスジェニックマウスはnecdinを過剰発現する
    (日本小児神経学会 2019)
  • 思春期早発症原因遺伝子Mkrn3はマウス精巣では発達期特異的インプリンティングを示す
    (日本小児神経学会 2018)
  • BACトランスジェニック(Tg)マウス作製過程に同定されたメイプルシロップ尿症モデルマウス
    (日本小児神経学会 2017)
  • Mkrn3ノックアウト(KO)及びトランスジェニック(Tg)マウスの解析
    (日本分子生物学会 2016)
  • アンジェルマン症候群の概要と最新研究について
    (エンジェルの会(アンジェルマン症候群患児の会) 2016)
more...
Work history (9):
  • 2008 - 現在 Nagasaki University Center for Frontier Life Sciences
  • 2005 - 2007 Nagasaki University
  • 2007 - Nagasaki University Center for Frontier Life Sciences
  • 2003 - 2006 Nagasaki University Center for Frontier Life Sciences
  • 2006 - 長崎大学 先端生命科学研究支援センター 助教授
Show all
Committee career (1):
  • 2015/12 - 2016/11 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
Association Membership(s) (4):
THE JAPAN SOCIETY OF HUMAN GENETICS ,  THE MOLECULAR BIOLOGY SOCIETY OF JAPAN ,  JAPAN PEDIATRIC SOCIETY ,  The Japanese Society Of Child Neurology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page