Rchr
J-GLOBAL ID:201101026292171566   Update date: Sep. 08, 2021

Imada Mizuho

イマダ ミズホ | Imada Mizuho
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (2): Japanese linguistics ,  Japanese linguistics
Research keywords  (15): Ontology ,  Corpus Linguistics ,  生成語彙論 ,  Japanese Grammar ,  Semantics ,  Linguistics ,  アスペクト ,  存在文 ,  動詞述語文 ,  名詞述語文 ,  メンタル・スペース理論 ,  概念意味論 ,  意味論 ,  日本語学 ,  言語学
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2021 - 2024 アカデミック・ライティング研究のための日本語学術論文コーパス構築
  • 2020 - 2024 コンクール応募作文を資料とした児童の文章作成能力の評価と発達段階の包括的研究
  • 2019 - 2021 大規模児童作文コーパスにおける埋め込み節の発達の計量的分析
  • 2019 - 2021 作文コンクールにおける入賞作品の計量的分析 -「夢作文」コンクールの応募作品を資料として-
  • 2019 - 2020 語彙使用・漢字使用に着目した児童の文章作成能力の経年変化の実態調査
Show all
Papers (40):
  • 今田, 水穂, 田川, 拓海, 文, 昶允, 那須, 昭夫. Annotating clause boundary labels to the written composition corpus of Japanese elementary and junior high school students. F1000 Research. 2021
  • 今田, 水穂, 宮城, 信. Construction of a Corpus of Assigned School Essays. Proceedings of Language Resources Workshop. 2020. 5. 103-113
  • 今田, 水穂. 「3日も働かなかった」の3つの解釈. 第20回日本語文法学会大会発表予稿集. 2019. 64-71
  • 宮城 信, 今田 水穂. 『児童・生徒作文コーパス』を用いた漢字使用能力の発達過程の分析. 計量国語学. 2018. 31. 5. 352-369
  • 今田, 水穂. 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に対する名詞述語文アノテーション. 言語資源活用ワークショップ2018発表論文集. 2018. 382-398
more...
MISC (12):
  • 宮城 信, 浅原 正幸, 今田 水穂. 現職教員による児童・生徒作文の評価基準の分析. 言語資源活用ワークショップ2018発表論文集. 2018. 420-434
  • 今田 水穂. 「手」作文コーパスの基本情報. 研究成果報告「現場との協働による児童・生徒の作文能力の経年変化に関する研究」(ことばのこえII). 2017. 7-8
  • 宮城 信, 今田 水穂. 作文コーパスを資料に児童・生徒の漢字使用・選択傾向と発達の実態を明らかにする: 語彙情報つき作文コーパスの構築と学齢別語彙・漢字使用実態調査. 漢字・日本語教育研究. 2016. 5. 4-20
  • 今田 水穂. 事例研究2: 児童作文の漢字. ことばのこえ: 児童作文コーパスの構築と活用. 2015. 9-10
  • 浅原 正幸, 加藤 祥, 今田 水穂. 単一文書自動要約のための言語資源構築に向けて. 第220回SIGNL研究会. 2015. AM001640
more...
Books (1):
  • 日本語名詞述語文の意味論的・機能論的分析
    2010
Lectures and oral presentations  (29):
  • 接尾辞「-方」の音調変異にみる語長と母方言の影響
    (第16回音韻論フェスタ 2021)
  • 学校課題作文コーパスの構築
    (言語資源活用ワークショップ2020 2020)
  • 「3日も働かなかった」の3つの解釈
    (日本語文法学会第20回大会 2019)
  • 語彙多様性指標の可視化と単回帰分析によるTTRの補正
    (言語資源活用ワークショップ2018 2018)
  • 現職教員による児童・生徒作文の評価基準の分析
    (言語資源活用ワークショップ2018 2018)
more...
Works (8):
  • 「児童・生徒作文コーパス」節境界ラベルデータ
    今田,水穂 2021 -
  • 「児童・生徒作文コーパス」形態論・構文情報データ Ver.1.6
    今田, 水穂 2020 -
  • 「児童・生徒作文コーパス」モダリティデータ Ver.0.1
    今田, 水穂 2020 -
  • 「児童・生徒作文コーパス」形態論・構文情報データ Ver.1.5
    今田,水穂 2020 -
  • BCCWJ 名詞述語文アノテーションデータ
    今田 水穂 2018 -
more...
Professional career (1):
  • Doctor (Linguistics) (University of Tsukuba)
Work history (12):
  • 2019/04 - 現在 University of Tsukuba Faculty of Humanities and Social Sciences Assistant Professor
  • 2014/04 - 2019/03 Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology-Japan Elementary and Secondary Education Bureau Senior Specialist for Textbook
  • 2014/04 - 2015/09 National Institute for Japanese Language and Linguistics
  • 2013/12 - 2014/03 University of Tsukuba School of Humanities and Culture, College of Japanese Language and Culture
  • 2012/10 - 2014/03 National Institute for Japanese Language and Linguistics Postdoctoral Research Fellow
Show all
Committee career (7):
  • 2021/04 - 現在 計量国語学会 理事
  • 2020/09 - 現在 言語処理学会 編集委員
  • 2019/04 - 現在 筑波大学日本語日本文学会 学内評議員
  • 2019/04 - 2020/03 筑波大学日本語日本文学会 奨励賞選考委員
  • 2018/04 - 2019/03 筑波大学日本語日本文学会 学外評議員
Show all
Awards (1):
  • 2015/05 - 国立国語研究所 第十回所長賞 若手研究者奨励賞
Association Membership(s) (6):
日本言語学会 ,  日本語学会 ,  日本語文法学会 ,  The Mathematical Linguistic Society of Japan ,  THE ASSOCIATION FOR NATURAL LANGUAGE PROCESSING ,  筑波大学日本語日本文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page