Rchr
J-GLOBAL ID:201101026292171566   Update date: Feb. 01, 2024

Imada Mizuho

イマダ ミズホ | Imada Mizuho
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (2): Japanese linguistics ,  Japanese linguistics
Research keywords  (15): Ontology ,  Corpus Linguistics ,  生成語彙論 ,  Japanese Grammar ,  Semantics ,  Linguistics ,  アスペクト ,  存在文 ,  動詞述語文 ,  名詞述語文 ,  メンタル・スペース理論 ,  概念意味論 ,  意味論 ,  日本語学 ,  言語学
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2021 - 2024 アカデミック・ライティング研究のための日本語学術論文コーパス構築
  • 2020 - 2024 A Comprehensive study of children's writing evaluation and developmental stages besed on the competitive compositions
  • 2019 - 2021 大規模児童作文コーパスにおける埋め込み節の発達の計量的分析
  • 2019 - 2021 作文コンクールにおける入賞作品の計量的分析 -「夢作文」コンクールの応募作品を資料として-
  • 2019 - 2020 語彙使用・漢字使用に着目した児童の文章作成能力の経年変化の実態調査
Show all
Papers (47):
  • 今田, 水穂. Distribution of sentence length and dependency distance in children’s compositions: Characteristics of natural language and variations in language development. F1000 Research. 2023
  • 今田, 水穂. Child language development and increase in the number of node degrees in dependency structures. Studies in language and literature. 2023. 84
  • 今田, 水穂. 「3人も来なかった」の3つの解釈. 筑波応用言語学研究. 2022. 29. 1-12
  • 那須, 昭夫, 今田, 水穂, 文, 昶允, 田川, 拓海. Accentual Variations in Derived Nouns Containing the Suffix -kata: Interference from Native Dialect Observed in the Frequency of De-accentuation. Journal of the Phonetic Society of Japan. 2022. 26. 1. 1-12
  • 今田 水穂. 書評 田中久美子(2021)『言語とフラクタル : 使用の集積の中にある偶然と必然』東京大学出版会. 計量国語学 = Mathematical linguistics : 計量国語学会機関誌 / 計量国語学会 編. 2022. 33. 6. 399-403
more...
MISC (14):
  • 宮城 信, 浅原 正幸, 今田 水穂. 現職教員による児童・生徒作文の評価基準の分析. 言語資源活用ワークショップ2018発表論文集. 2018. 420-434
  • 今田 水穂. 「手」作文コーパスの基本情報. 研究成果報告「現場との協働による児童・生徒の作文能力の経年変化に関する研究」(ことばのこえII). 2017. 7-8
  • 宮城 信, 今田 水穂. 作文コーパスを資料に児童・生徒の漢字使用・選択傾向と発達の実態を明らかにする: 語彙情報つき作文コーパスの構築と学齢別語彙・漢字使用実態調査. 漢字・日本語教育研究. 2016. 5. 4-20
  • 今田 水穂. 事例研究2: 児童作文の漢字. ことばのこえ: 児童作文コーパスの構築と活用. 2015. 9-10
  • 浅原 正幸, 加藤 祥, 今田 水穂. 単一文書自動要約のための言語資源構築に向けて. 第220回SIGNL研究会. 2015. AM001640
more...
Books (1):
  • 日本語名詞述語文の意味論的・機能論的分析
    2010
Lectures and oral presentations  (32):
  • 平板ナガラ節の起伏化に見る地域的多様性
    (The Thirty-Sixth General Meeting of the Phonetic Society of Japan 2022)
  • Dependency distance and hierarchical distance in children’s writing
    (Language Resources Workshop 2021 2021)
  • 接尾辞「-方」の音調変異にみる語長と母方言の影響
    (第16回音韻論フェスタ 2021)
  • 学校課題作文コーパスの構築
    (言語資源活用ワークショップ2020 2020)
  • 「3日も働かなかった」の3つの解釈
    (日本語文法学会第20回大会 2019)
more...
Works (9):
  • 清流環境作文コーパスVer.1.0
    今田, 水穂 2021 - 現在
  • 「児童・生徒作文コーパス」節境界ラベルデータ
    今田,水穂 2021 - 現在
  • 「児童・生徒作文コーパス」形態論・構文情報データ Ver.1.6
    今田, 水穂 2020 - 現在
  • 「児童・生徒作文コーパス」モダリティデータ Ver.0.1
    今田, 水穂 2020 - 現在
  • 「児童・生徒作文コーパス」形態論・構文情報データ Ver.1.5
    今田,水穂 2020 - 現在
more...
Work history (14):
  • 2022/04 - 現在 国立国語研究所 共同研究プロジェクト「多世代会話コーパスに基づく話し言葉の総合的研究」 共同研究員
  • 2019/04 - 現在 University of Tsukuba Faculty of Humanities and Social Sciences Assistant Professor
  • 2019/04 - 2020/03 国立国語研究所 共同研究プロジェクト「語彙使用・漢字使用に着目した児童の文章作成能力の経年変化の実態調査」 共同研究員
  • 2014/04 - 2019/03 Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology-Japan Elementary and Secondary Education Bureau Senior Specialist for Textbook
  • 2014/04 - 2015/09 National Institute for Japanese Language and Linguistics
Show all
Committee career (7):
  • 2021/04 - 現在 計量国語学会 理事
  • 2020/09 - 現在 言語処理学会 編集委員
  • 2019/04 - 現在 筑波大学日本語日本文学会 学内評議員
  • 2019/04 - 2020/03 筑波大学日本語日本文学会 奨励賞選考委員
  • 2018/04 - 2019/03 筑波大学日本語日本文学会 学外評議員
Show all
Awards (1):
  • 2015/05 - 国立国語研究所 第十回所長賞 若手研究者奨励賞
Association Membership(s) (6):
The Mathematical Linguistic Society of Japan ,  THE ASSOCIATION FOR NATURAL LANGUAGE PROCESSING ,  筑波大学日本語日本文学会 ,  日本言語学会 ,  日本語学会 ,  日本語文法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page