Rchr
J-GLOBAL ID:201101029975423179   Update date: May. 21, 2020

Masaaki Ohata

オオハタ マサアキ | Masaaki Ohata
Affiliation and department:
Research field  (5): Conservation science (plants) ,  Conservation science (plants) ,  Biodiversity and systematics ,  Animals: biochemistry, physiology, behavioral science ,  Ecology and environmental science
Research keywords  (6): トレードオフ ,  食草選択 ,  植食性昆虫 ,  種間相互作用 ,  生活史形質 ,  適応
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2010 - 植食性昆虫の食草選択・利用に関する生態学的研究
MISC (3):
Lectures and oral presentations  (17):
  • キンリョウヘンの誘引成分に基づくニホンミツバチの分蜂群誘引剤の開発
    (日本環境動物昆虫学会 2013)
  • 最後のピース:植食性昆虫の食草選択に対する繁殖干渉の影響
    (個体群生態学会 2013)
  • 死体は語るか-チョウの飛翔行動を死後硬直姿勢からさぐる-
    (日本動物行動学会 2012)
  • 親の過ちがこの食物を決める:チョウの食草決定と繁殖干渉
    (日本生態学会 2012)
  • 種間競争が植食性昆虫の食草を決めている
    (日本生態学会 近畿地区会 2011)
more...
Education (2):
  • - 2001 Kyoto University
  • - 1999 Kyoto University
Professional career (1):
  • 農学博士 (京都大学)
Work history (2):
  • 2011/09 - 現在 京都学園大学 バイオ環境学部 実験助手
  • 2011/04 - 2011/09 Kyoto University Center for Ecological Research
Awards (1):
  • 2011/06 - 日本生態学会 近畿地区会 日本生態学会 近畿地区会 奨励賞 種間競争が植食性昆虫の食草を決めている
Association Membership(s) (2):
JAPAN ETHOLOGICAL SOCIETY ,  日本生態学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page