Rchr
J-GLOBAL ID:201101053680242030   Update date: May. 24, 2020

Sasajima Hideaki

ササジマ ヒデアキ | Sasajima Hideaki
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/30614656
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (4): Cultural Sociology ,  歴史社会学 ,  芸術社会学 ,  都市社会学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2018 - 2022 20世紀における美術の制度変化の歴史社会学:市民社会と国家に着目した日英米の比較
  • 2015 - 2018 芸術の制度転換の歴史社会学:1940年代前後のニューヨーク市を事例として
  • 2011 - 2012 1970年代ニューヨークにおける都市再編の思想史的研究:都市の「美学」に着目して
Papers (7):
  • 笹島 秀晃. Artist-led Gentrification of SoHo in New York City : The Birth of the Art Gallery District from 1965 to 1971. 社会学評論 = Japanese sociological review. 2016. 67. 1. 106-121
  • Hideaki Sasajima. Artist-led Gentrification in SoHo. 2014. 32. 65-80
  • Hideaki Sasajima. From red light district to art district: Creative city projects in Yokohama's Kogane-cho neighborhood. CITIES. 2013. 33. 77-85
  • 笹島秀晃. 「創造都市と新自由主義ーデヴィッド・ハーヴェイの企業家主義的都市論からの批判的視座ー」. 『社会学年報』. 2012. 41. 79-89
  • 笹島秀晃. 「アートによる地域再生の今日的様相ー横浜市初黄・日ノ出町における安全・安心まちづくりと芸術不動産事業に着目して」. 『ヘスティアとクリオ』. 2011. 10. 67-84
more...
MISC (8):
  • 笹島秀晃. 書評 堀川三郎著『町並み保存運動の論理と帰結』. 日本都市社会学会年報. 2019. 37
  • 笹島 秀晃. 書評 田村公人著『都市の舞台俳優たち : アーバニズムの下位文化理論の検証に向かって』. 日本都市社会学会年報 = The Annals of Japan Association for Urban Sociology. 2016. 34. 157-159
  • 笹島 秀晃. Sociology of City and Culture : From the Standpoint of Recent Studies of Artist-led Gentrification. 都市文化研究 = Studies in urban cultures. 2015. 17. 97-102
  • 笹島秀晃. 災害と文化芸術. 防災の社会学 第二版. 2012. 303-311
  • 笹島秀晃. デヴィッド・ハーヴェイ『ポストモダニティの条件』. 五十嵐太郎編『建築・都市ガイドブック21世紀』. 2010. 240-243
more...
Books (4):
  • 応答する〈移動と場所〉
    ハーベスト社 2019
  • フローと再帰性の社会学
    晃洋書房 2018
  • 交響する空間と場所I;開かれた都市空間
    法政大学出版局 2015
  • 安心・安全コミュニティの存立基盤
    御茶の水書房 2013
Lectures and oral presentations  (5):
  • 1940-70年ニューヨーク・アート業界のネットワーク分析
    (日本社会学会・第92回大会 2019)
  • 1940-80年代のニューヨークにおけるアートワールドの展開:芸術家のオーラルヒストリーからみえる意味世界
    (都市社会学会 2018)
  • Stats' Interventions and the Transformation of Urban Art Worlds
    (International Sociological Association 2018)
  • アートプロジェクトを参与観察する
    (Breaker project連続トーク「社会とかかわるアートを考える」 2018)
  • 20世紀前半の日本における都市富裕層の芸術に対するフィランソロピーの理念と実践
    (第68回関西社会学会 2017)
Education (3):
  • 2007 - 2011 Tohoku University
  • 2005 - 2007 Tohoku University
  • 2001 - 2005 Tohoku University
Professional career (1):
  • 博士(文学) (東北大学大学院文学研究科)
Work history (5):
  • 2013/04 - 現在 Osaka City University Graduate School of Literature and Human Sciences Assistant Professor of Sociology
  • 2012/04 - 2013/03 Department of Sociology, Columbia University in the City of New York Visiting Scholar
  • 2011/04 - 2013/03 Urban Research Plaza, Osaka City University Research Fellow
  • 2010/01 - 2010/03 日本学術振興会第2回優秀若手研究者海外派遣事業研究員 (派遣先:ニューヨーク市立大学大学院)
  • 2007/04 - 2010/03 Japan Society for the Promotion of Sicence Research Fellow (DC1)
Association Membership(s) (5):
American Sociological Association ,  THE TOHOKU SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  JAPAN ASSOCIATION FOR URBAN SOCIOLOGY ,  JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  International Sociological Association
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page