Rchr
J-GLOBAL ID:201101054619512560   Update date: Aug. 28, 2021

Yanagawa Kozo

ヤナガワ コウゾウ | Yanagawa Kozo
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Foreign language education
Research keywords  (3): language testing ,  Second language listening ,  CLIL
Papers (8):
  • 柳川浩三. CLIL型授業が学習者の情動に与える影響-言語不安の変容と心理欲求の充足. Dialogue. 2019. 17. 1-21
  • 英文構造のとらえ方と熟達度ー五文型に沿ってー. 関東甲信越英語教育学会. 2018. 32. 1-14
  • Does 'soft' CLIL work?- How do the students perceive and do the tasks work?-. 全国英語教育学会誌. 2017. 28. 319-334
  • 柳川 浩三. Do university students understand the Five Sentence Types? Through the Rasch Analysis by a Common Item Design. KATE Journal. 2016. 30. 15-28
  • kozo YANAGAWA. Examining the authenticity of the Center Listening Test: Speech rate, reduced forms, hesitations and fillers, and processing level. JACET Journal. 2016. 60. 97-115
more...
MISC (5):
  • 柳川浩三. 「あなた」が主人公:大学入学共通テスト. 英語教育 (The English Teachers' Magazine, 大修館). 2021. 4月. 30-31
  • 柳川浩三. CLILと英語を話す不安. https://www.elec.or.jp/teacher/communication/criticism/tokushu_yanagawa.html. 2020
  • 柳川 浩三. 人の間で. ロータリー財団が変えた人生 (国際ロータリー第2780地区 ロータリー財団100周年記念誌). 2017. 52-52
  • 柳川 浩三. 高校教師を辞めて6年目の秋. ねざす (神奈川県高等学校教育会館・教育研究所). 2016. 58. 36-39
  • 柳川 浩三. 異なるテストを受けた生徒のテスト結果を共通項目を使って比べてみる. 英語教育. 2016. 65. 3. 28-30
Books (2):
  • Global Issues in Action: Tasks that Work
    2021
  • 第2言語習得と英語科教育法
    開拓社 2013
Lectures and oral presentations  (10):
  • 豊かな素材、自分に向き合う問い、楽しいタスク
    (JACET 60th Commemorative International Convention 2021)
  • Global Issues in Action
    (全国英語教育学会長野大会 2021)
  • 考えを深める英語教育実践-Contentでは何を教え、どう評価するのか
    (日本英文学会関東支部第19回大会 2020)
  • リスニングを教える-ディクテーションとメタ認知方略指導の効果-
    (日本大学英文学会年次大会 2019)
  • L2学習者の情意的要因と心理的欲求:CLIL型授業の教室で
    (大学英語教育学会全国大会 2018)
more...
Education (4):
  • 2006 - 2012 University of Bedfordshire
  • 2003 - 2008 Waseda University 教科教育
  • 1998 - 2000 早稲田大学大学院 修士課程英語教育専攻
  • 1982 - 1986 Nihon University 英文学科
Professional career (2):
  • 修士 (早稲田大学)
  • Ph.D. (University of Bedfordshire)
Work history (3):
  • 2020/09 - 現在 東京大学教養学部 非常勤講師
  • 2011/04 - 現在 早稲田大学 政治経済学部 非常勤講師
  • 2011/04 - 2021/07 Waseda University School of Education
Committee career (4):
  • 2020/04 - 現在 日本言語テスト学会 学会誌編集長
  • 2019/08 - 現在 日本テスト学会 学会誌編集委員
  • 2020/04 - 日本言語テスト学会 理事
  • 2017/04/01 - 田辺英語教育学研究会(TALK) 紀要編集委員
Awards (3):
  • 2019/12 - 法政大学 学生が選ぶベストティーチャー賞(語学・グローバル部門)
  • 2013/02 - ELEC(英語教育協議会) 賞
  • 2009/05 - (財)金子国際文化交流財団 金子賞
Association Membership(s) (5):
日本大学英文学会 ,  日本テスト学会 ,  大学英語教育学会 ,  イギリス応用言語学会 ,  日本言語テスト学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page