Rchr
J-GLOBAL ID:201101057201303212   Update date: Sep. 01, 2020

KATO Masaya

カトウ マサヤ | KATO Masaya
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (2):
  • Shizuoka University  Faculty of Agriculture - Department of Biological and Environmental Science 
  • Shizuoka University  Graduate School of Integrated Science and Technology Department of Agriculture - Biological and Environmental Sciences Course 
Homepage URL  (1): http://www.agr.shizuoka.ac.jp/bs/harvest/index.html
Research field  (1): Horticulture
Research keywords  (5): vitamin C ,  ethylene ,  citrus ,  β-cryptoxanthin ,  carotenoid
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2014 - 2018 カンキツ特有のフラボノイドであるノビレチンの生合成機構の解明
  • 2013 - 2016 カンキツ果実の赤色色素,β-シトラウリンの生合成機構の解明
  • 2012 - 2014 カンキツ果実のカロテノイド集積におけるカロテノイド代謝分解酵素の機能解析
  • 2010 - 2012 カンキツ果実におけるキサントフィル調節メカニズムの解明
  • 2005 - カンキツ果実におけるキサントフィル生合成・代謝調節機構の解明
Papers (54):
MISC (5):
Patents (1):
  • 柑橘類に含まれるカロテノイド色素の増強方法
Lectures and oral presentations  (130):
  • ‘太田ポンカン’のフラベドにおけるフラボノイド代謝に及ぼす植物ホルモンの影響
    (園芸学会令和元年度秋季大会、園芸学研究第18巻別冊2、503頁 2019)
  • ブラッドオレンジ培養砂じょうにおけるフラボノイド及びアントシア二ン代謝 に及ぼす温度の影響
    (園芸学会令和元年度秋季大会、園芸学研究第18巻別冊2、505頁 2019)
  • カンキツ果実におけるノビレチン生合成遺伝子関連遺伝子の機能解析
    (園芸学会令和元年度秋季大会、園芸学研究第18巻別冊2、283頁 2019)
  • 在来品種を含むサツマイモのカロテノイドおよびアスコルビン酸含量の品種間差
    (園芸学会令和元年度秋季大会、園芸学研究第18巻別冊2、493頁 2019)
  • 青色光を照射したバレンシアオレンジの培養したフラベドにおけるマイクロアレイ解析
    (園芸学会令和元年度秋季大会、園芸学研究第18巻別冊2、504頁 2019)
more...
Professional career (1):
  • 博士(農学) (岐阜大学)
Committee career (6):
  • 2018/04 - 2019/03 静岡県立静岡農業高等学校
  • 2017/04 - 2018/03 静岡県立静岡農業高等学校
  • 2016/04 - 2017/03 静岡県立静岡農業高等学校
  • 2011/01 - 2015/03 園芸学会東海支部会
  • 2010/08 - 2014/08 静岡大学農学部同窓会
Show all
Awards (1):
  • 2011/03 - 園芸学会奨励賞、カンキツ果実におけるカロテノイド集積機構の解明
Association Membership(s) (4):
The Japanese Society for Chemical Regulation of Plants ,  American Society of Plant Biologists ,  International Society for Horticultural Science ,  The Japanese Society for Horticultural Science
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page